最近の記事

カテゴリー「携帯・デジカメ」の15件の投稿

2011年7月 1日 (金)

ブログ更新。携帯電話販売店の店長語る。電話として使いたいなら、ガラケーを買えって、じゃアンドロイドって電話じゃないのか? もう何がなんだか(笑)。

最近アンドロイド携帯にうなされて、なかなか寝付けないと思ったら、それは単なる暑さのせいでした。この前仲のいい、携帯屋さんと喋ったら、驚くべき事実が判明しました。うすうす気づいてたんだが、やっぱりそうかってことですけどね。

そもそもアンドロイド端末は、スマホであって、電話に特化して作っているわけではないと。だから当然持ちづらいし、バッテリーも他のアプリで相当消費するから、結果持たない。見るからに壊れやすいイメージだし、そもそも音も、ユーザーからこもったすると評判がよろしくない。電話としてがんがん、使うなら普通の携帯電話を勧めるという。

そもそもiPhoneが登場したときだって、すでに2台目の携帯としての使い方が多かった。スマホ部分の役割を専門的になってたのだ。だからソフトバンクの電波が届きづらいや、音がこもるなどの欠点は、電話として使ってないから問題なかった。そこにアンドロイド携帯の躍進だ。これをどう使えばいいのか。

理想はガラケーとスマホの2台使用なそうだ。だから、電波のいいドコモは、ガラケーが理想。じゃアンドロイドにiPhoneという組み合わせはどうなのよと。これは同じものを買うので意味が無い。つまりドコモ側としては、ドコモのガラケーを持って、さらにアンドロイドを買って欲しいという、かっぱき戦略なわけでiPhoneの客を取り戻したいのだだ。

でもソフトやアプリの関係で、iPhoneとアンドロイド欲しいんだけどと言ったら、そういう人は珍しい。仕方ないから3台持てと言う。まじすか。俺うまく言い含められてないか~。

結局のところ、アンドロイド全然ダメじゃんと言ってたのは、電話の部分で、スマホとしてはそこそこ優秀なそうだ。オサイフ携帯にしても、できるのに対応が遅かったのも、開発が遅れたせいもあるが、結果、2台ともドコモにさせたいプランに見事合致したらしい。技術的にはわりと高度で、日本以外のメーカーは、できた端末を日本仕様にすると、また金がかかるから、今回はオサイフ携帯を諦めている。だから国産メーカーが、オサイフ携帯に強い。ちなみにカバーにスイカなどをはっつけても、改造とみなして、保証から外すようだ。強い電磁波は意外と端末に負担を与えるとね。

結局もとに戻った。アンドロイドで、自分の電子書籍を読みたいなら、買うしかあんめい。けどPCで買えるならそれでもいいのか。まだ答えは出ぬ。今日はゴルフなので、ここまで。

ちなみにそのアンドロイドのスマホで読めるのが、これ。今日から「わしらやましい探検隊」の電子書籍が発売です。BookLiveから出てます。よろしかったらどうぞ。

http://booklive.jp/special/tokushu/id/yamashii

さらに7月1日から、メルマガもタイトルが「キムラ映画プラスエンタ」から「週刊キムラダイジェスト」にころも変え。内容は変わってません。すっきり幅広い題材を扱ってます。ブログのお話は全て相当量加筆し、内容を深めてます。ほかオリジナルコンテンツは、ゴルフやノベルなど満載。こちらもよろしかったらどうぞ。

 http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月29日 (水)

ブログ更新。携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。

携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。

 今度アンドロイド端末で見れる、電子書籍「わしらやましい探検隊」(BookLiveから7月1開始)を発売することになりました。

ここ見てね。BookLiveと入れて検索しても出ます。
http://booklive.jp/special/tokushu/id/yamashii 

じゃ自分の本を読むので、アンドロイドのスマホに代えなきゃ。というわけでドコモ中心に新製品を調べて見た。最初はお~やるなあと思って喜んでいたが、段々と詳細が分かるにつれて、なんでこんなの作るの?と、呆れることが多い。

 まず理解していただきたいのは、ドコモはスマホである以前に、初めに携帯電話ありきである。携帯電話じゃなきゃ意味がない。その点iPhoneは2台目として使っている人も多く、さくさく画面を見て楽しめばいい。ソフトバンクは電波が弱いし、音声も音がこもりがちだし、ドコモ派に比べれば、電話としてはいまいち使いづらい。だからソフトバンクはiPhoneで稼ぐという、住み分けで良かったのだ。そしてドコモは優秀な電話の強みの戦略を打ち出せばいい。

なのにドコモのメジャーブランドは、みんなiPhoneより画面をでっかくという考えにとらわれて、薄っぺらな板チョコみたいになってしまった。特に、多分女性向けに作られたんだと思うが、MEDIASなんて、細すぎてバッテリーの持ちがすこぶる悪い。これで1日もつのか。

iPhoneを持って1年経つが、バッテリーが持つといいながら、1年経って実はあんまり持たないことが分かって来た。それはバッテリーが劣化してるのもあるが、ゲームや位置情報だと、電池を食うことをいっぱいさせているのも問題だ。しかも、容易に電池を取り替えられない仕組みもどうかと思う。

 その点ドコモはまだ、基本的に蓋を開けて電池を換えられるので、予備を持ってりゃなんとかなる。これが救いだ。でも薄っぺらなスマホは、到底毎日使う携帯電話としては不便だ。以前から指摘してるが、男性は胸ポケットに入れるわけでも、鞄に入れるわけでもない。ズボンのポケットに、ライターや鍵などと一緒に入れるのが常だ。だから凄くかさばるのも辛いし、痛んでは意味がない。

ゆえに形状は、以前のような折りたたみがいいと思う。画面も傷つかない。百歩譲って大画面なら、画面にフィルムを張るのは絶対必要だ。ちなみに他のキャリアでは、折りたたみスマホや、こぶりなスマホを売ってるが、ドコモの主要ブランドは皆無。これが大いに問題だ。

しかも今回の目玉は、オサイフ携帯が使えるなどの日本仕様が売りである。なのに主力のGALAXYSⅡは、ついてない。デザイン的には、OPTIMUSがiPhone風で好きだが、オサイフ携帯がついてない。基本男のライフスタイルとしては、電車に乗る時、携帯をかざして乗れるのが実にいいんだけど。

いちいちポケットから、スイカ出すのは面倒臭いしね。基本的にズボンのポケットに入って、電池が長持ちするのが必須でしょう。これを何を考えてんだか、薄くてでかい板にしやがって、サラリーマンや学生にはあんまりウケよくないと思うんだが。

なんだかんだ迷った挙句、自分はいったい何を買うのか。そしてEMを含めてのベストなモバイルコンビネーションは何か、そこらへんをメルマガでは考察してみます。

というわけでキムラ映画プラスエンタは、書くことが広範囲になったので、パッケージを変え、7月から「週刊キムラダイジェスト」としてお送りします。中身は従来と一緒です。興味のある方は是非、検討して見てください。

まだ画面は映画のメルマガですが、7月には変わります。アドレスは一緒です。次回は7月4日配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2009年4月15日 (水)

SH-04A  アンテナ

 お恥ずかしい話だが、このSH-04Aを買って、一ヶ月も過ぎた最近、ようやくワンセグテレビのアンテナがあることに気づいた。あほか、もう。

 だって角の部分にすっぽりと収まっていたので、気づかなかったんだもん。それだけデザインが秀逸だったってことにしておきますか。

 ゆえに過去に、この携帯のテレビがダメって書いたが、それは撤回させていただきます。アンテナを伸ばせば、当然クリアな映像が見れるわけで、その点は素晴らしい。

 逆に相変わらずダメなのが、タッチパネル・サイドキーをロックするにすると、電話の着信履歴が見えない。メールは来たのが認識できるが、電話はいったんロックを解除しないと、見えないことの方が多い。これは使えない。

 さらにイヤホンマイクは、使えるには使えるが、アダプターがないとダメ。だから従来のP905iに使ってたやつは、直接は使えない。

 いいことも悪いことも、多々あり。まあこんなもんでしょう。

2009年4月 5日 (日)

SH-04A タッチパネル

 最近は諦めにも近い心境で、SH-04Aオンリーで使うことにした。多くの問題は、慣れで解決してしまう。ただタッチパネルの感度が、よろしくない。

 どういうのがダメかというと。メール受信をしたとする。すると、画面にメールが来たと通知のマークが出る。そこをすかさずタッチすると、うんともすんとも言わないことが多い。珍しくタッチを感じ取って、次画面に移っても、それは単にメールマークのところに移動するだけ。やはりメール来ましたよ表示されたら、そこをタッチすれば、すかさずメール見れないとね。そこらへんの感度は著しく悪い。いつもイラつく。基本中の基本性能だろう。何考えてんだか。

 あとタッチパネルをロックしたまま、電話などを受信すると、電話が来ましたよと、通知されないことが時々ある。大事な電話を受信しそこなう、あるいは出れない、すぐにかけなおせない。そうゆう問題が生じる。じゃあタッチパネルのロックはずせばいいじゃんと思うが、移動中やポケットに入れているときは、誤発信しないように、ロックするしかない。これが致命的に不便。

 点数は70点のまま。あと2年使うか。

 若い姉ちゃんからの評判はいい。それだけかよメリットは。

2009年4月 2日 (木)

SH-04A ワンセグ

 画面がでかくなったので、SH-04Aでワンセグを見る機会が増えたんだが、これがねえ、問題ですよ。非常に感度が悪くて困っている。アンテナが内部にあるからなんだろうか。従来のP905iでは、軽く見れた位置で、受信不可能が多い。

 家の窓際に置いても、一部受信できないチャンネルがあるから、これは問題ですよ。カッコつけてアンテナを隠したからね。あのベタベタのロッドアンテナって、そう考えると優秀だったんですね。いまさらながら、外付けでいいからアンテナないですかね。マジ使えないんですけど。

2009年4月 1日 (水)

SH-04A マルチタスク

 SH-04Aとつきあい出してだして、3週間ぐらい経つんだけど、どうしても分らなかったのがマルチタスク。株価ボードのアプリ開いていたらメールが来て、それを見たくて、いろいろいじるも全然ダメ。いじっている間に、アプリが強制終了して、そのおかげでメールが見れた。意味ないじゃん。

 これもしばらく、ガイドを見ないでやってたが、降参して正解を見てみる。そしたら、サイドの受話器マークの、オンの方のボタンを長押しだとさ。そんなわかんないよ。P905iだと、正面にマルチって書いてるからさ、よく分るんだけど、SH-04Aは謎解きが多い。

 でも調べれば、ちゃんといろんな機能が満載で、使いでがあるんだが、覚えるのにねえ。1年ぐらいかかるんじゃないか。ロールプレーイングゲームをやっていると思えばいいのか。見事使いこなした頃に、また新機種を買うとかね、そうゆうのありがちですね。

2009年3月26日 (木)

SH-04A VS pomera

 SH-04Aで長文テキスト打ちをやろうと思ったが、やっぱり無理がある。できないことはないが、しょせん携帯電話ですからね、長文の限度はあると。

 そこで保険をかける意味で導入したのが、キングジムのデジタルメモ、ポメラというしろもの。ビッグカメラで、2万円前半で売ってましたから、思わず買ってしまいました。

 ポメラは単4電池2本で動く、テキストマシンと理解してくれればいい。実感として3時間強かなあ、そんだけ持てばね、エネロープ電池を換えればいいだけの話でございますから。

 大きさは145×100だが、厚みがあり370g。ぎりぎりポケットサイズか。ただパソコンキーは、折りたたみ式なので、開くとネットブックみたいで、非常に実用性がある。画面が液晶のバックライトなしが気になるが、あとはテキスト野郎にとって不足はない。

6ファイル、48000字まで本体に入るし、マイクロSDカード、パソコンと直接つなぐケーブルもありで、データのやりとりは困らない。

 最初は結構使っていたが、インターネット喫茶だと、すでにワードが入っていたりすることが多く、そんなにポメラの出番はない。すると使うのは喫茶店やファーストフード店かなとなるが、その時は、家からマックブックを持ち出して打つ。

となると目的がなくて、ふらりと出かけたときに、テキストを書くときに必要って、そうゆう時こそ、SH-04Aが使いがいあるかも。

 ポメラは便利なんだけど、ちょっと重い。だからしょっちゅう連れて歩くわけには行かない。そこんところで、出番は週に1回程度。まあ知的なオトナのおもちゃってとこですかね。

これに対抗するのが、リュウドのワイヤレステキストボード。これとSH-04Aをドッキングさせたら面白いかも。いよいよ導入か、検討に入りますよ。

2009年3月25日 (水)

SH-04AのQWERTYキーは?

 SH-04Aの悪口ばっかり書いているように見えるが、一応メリットがあって購入したんですよ。その最大の魅力は、QWERTYキー搭載であること。つまりパソコンと同じキー配列のキーボードがついているから、テキストは早く打てるんではないかとね。

 SH-04AのQWERTYキーは、ちょっと独特で、数字キーはついてない。ほかにドットキー句点キーも直接はない。そうゆうのを使うときは、Fnキーを同時に押して使うことになる。だから文字関係で打つキーは、アルファベットが26に、その他が6つと、本物パソコンキーに比べて若干少ない。少ないゆえにひとつひとつのキーが大きくなるわけで、ほかのブラックベリーなんかと比べて、はるかに見やすく、打ちやすい。

 キーの見やすさでいえば、ブラックのボディは最悪で、キーが見えづらい、一番明るくて、キーがはっきり見えるのは、ピンクゴールド。これは案外大事よね。

 実際のキーを打つスピードだが、さすが形が小さいので、パソコン並みとはいかない。パソコンで打つのを100点、普通の携帯で打つのを50点としたら、SH-04Aは80点ぐらいか。やはり数字を打つときに、慣れが必要だし、絵文字も同様に別キーを出して、入れなければならない。

 でもメールの返事を出すときは、恐ろしく早く書けて便利なのは確か。ただ理想とした使い方としては、長文のテキストをこれで書けないかということで、これはやっぱり疲れる。テキスト入力は携帯電話として優秀だが、ワープロとしては、ちょっと役不足なんだよねえ。

以前ウィルコムの03の初期のやつを持っていたけど、あれと感覚は同じかな。案外くるまや電車のなかでも打てるけど、長く打ってるとちょっと気持ち悪くなる。けど普通の携帯で打つよりは早いと。

問題は、このQWERTYキーを使ってメールを打つチャンスが、予想してたより、そんなに多くないこと。半分はタッチパネルを使った、「ありがとう」とか、「あとでメールします」なんて、簡易的な返事で済むからね。

宝の持ちぐされにならないように、今後長文を打つ機会を作って、もう少し性能を確認したい。

2009年3月23日 (月)

SH-04Aをしぶしぶ使う日々

 ようするにPやNを使ってた人間から見れば、SH-04Aは宇宙人なんだよな。発想が全く違うからね。

 最近悩んだことは、カメラで写真を撮るときのズームボタン。これ結構探したけど、全然見つからずに、ガイドブック見てびっくり。画面を左右になぞれだとさ。そうなんだよね、タッチパネル的発想から見れば、当たり前のことなんだろうけど、それが思いつかなかった。頭が古いのか。いい意味でショックだった。

 カメラのズームは完敗だったが、相変わらずバカなのは、縦画面と横画面の変換。携帯を縦にしても、すぐに縦に変わらず、イライラして携帯を叩きますからね。同様に着信メールなんかも、反応悪くて、なかなかメールの文面を見せてくれない。そこらへん何とかして欲しい。

 最近の困りごとは、キャッチホンの取り方が分からない。こればかりは自分でキャッチホン状態つくれないし、ガイドブックにも適当なことしか載ってなくてさ。普通のことが普通にできず、案外難しいことが簡単にできる、そうゆう不思議な携帯がSH-04Aだな。

2009年3月22日 (日)

本当にP905iをゴルフに連れて行った

 役立たずのSH-04Aに代えて、ゴルフに連れて行ったのはP905i。こいつのおかげで株取引が早いこと。わずか20分ぐらいで22000円も勝った。ゴルフやってんだか、株やってんだかわからないっすね。

 それはいいんだが、昼休みにレストランで会話をしてると、同じくP905iを持っている人を発見。ちょっと嬉しい。けどよく見ると、その人の携帯もボロボロになっていた。ふたりでP905iは、やはりコーティングが甘いという認識で一致した。だって買って1年ちょっとで、大気圏突入したような、ずたぼろになるのっておかしくないですか。しかも何台もね。

 自分のだけかと思っていたが、ほかの人も同じ症状でほっとした。けどこれはクレームにならないみたいだ。5万円以上の値段のものが、こんなむごい姿になっても、見てみぬふりするドコモの姿勢は疑問だ。カッパが住んでる沼の話してる場合じゃないぞ。ちなみに一応ドコモショップにこのこと告げたけど、軽くスルーされて、応じかねますだと。使えないSH-04Aを今後2年使うか、ぼろぼろ携帯使うか、これも今、相当悩み中だ。

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ