最近の記事

カテゴリー「ゴルフ」の15件の投稿

2011年4月30日 (土)

いよいよ5月2日、月曜配信の大型連載。「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」内容を大胆に公開です。

いよいよ5月2日、月曜配信の大型連載
「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」内容を大胆に公開です。

着々と構成も出来上がり、原稿も執筆中です。その中で、今回はコースマネジメントの肝となる部分を無料で公開します。

 コースマネジメントの実践はえらく簡単で、しかし実はえらく難しいというお話です。それは受け手が意識的に改革しようとするかしないか、その行為を納得し合理的だと思うかによります。

今回のコースマネジメントの教義は、至極簡単です。「ドライバーを打つときはグリップを短く、人差し指1本残すぐらいで握るがよろしい」

 えらい簡単ですな。ほな、やりまひょか、なんかあまり飛ばない気がしますが、そうやれというなら、そう打ちます。ばし~ん。当たりましたよ、後何かやるべきことはありますか?でも、たったこれだけの教えに、お金払う気はしません、というのが正直な感想でしょう。多分、こいつ何を言ってんだと思って、去って行くんではないですか。私も最初そうでした。

 そして後日、もう1週間も経たないうちにラウンドがやって来て、まあ最初は気分的に、ちょい短めにグリップを握ったりもしますが、ドラコンホールが来た時には、短く握れなんて言葉はすっかり忘れて、目一杯クラブを長く持ってバシ~ンとまん振りです。しかも、たまたま当たったりするもんだから、短く持てなんて言葉は、もう銀河の彼方に飛んで行ってしまいます。

私が実際にドライバーを短く持ち出したのは、そう教わって2年ぐらい経ってからです。その間プチスランプに陥り、試しに短く持ったら、結構当たるようになり、それからですね。しかも納得する理由が見出されて、あ~こういう考えだったのかと妙に納得し、以後、ウッドのグリップは短めに握るとなった次第です。

じゃあ、その納得材料とは何か、それは明日お答えしましょう。明日も無料でコースマネジメントお届けします。ネタはいっぱいありますからね。

というわけで、キムラ映画のメルマガにお邪魔して始めた「ゴルフマネジメント」、興味のある方はサンプルをどうぞ。メルマガは1ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2010年8月14日 (土)

ナイターゴルフって、どんな感かな?

 お盆なので、柔らかい話というわけで、昨日行って来た、ナイターゴルフを踏まえて、夜にゴルフするってどうゆうことなのってことを考えたい。ナイターゴルフは今まで、何度か仕事で回ったことがある。だいたい6時ぐらいスタートで、10時過ぎに終わるパターンで、昨日はイベントだったから、特別遅いスタートだった。営業時間としては、4時過ぎあたりから、8時ぐらいのスタートが多いかなあ。

 いいことは何か?それは、夏場涼しいということ。朝早起きしなくていい。渋滞も、場所によっては緩和できるし、プレーフィも、たいがいセルフなので安い。客層としては、若い人が断然多い。案外下手な人多し。プレーでいうと、渋滞することもあるが、逆に考えれば、あんまり上手じゃない人を、連れて行くにはいいのかも知れない。

デメリットとしては、雰囲気が違うので、打ちづらいことはある。夜の練習場で特訓しても、また微妙に違ってくる。最初はボールが当たらないことが多い、トップ、ダフリは覚悟の上。女性とだったら、1ホール慣れるまでは、スコアを計算しない方がいいんじゃないか。

 そうゆう意味でお勧めできるのは、薄暮プレーというか、4時ぐらいでもいいんだけど、最初は昼間のプレーをやって、後半暗くなって、ナイターになって行くゴルフ、これなら、いきなりナイターよりは、徐々に目が慣れていくので、プレーしやすいかも。

 ほかデメリットは、ボールをなくしやすいこと。カラーボールでもいいが、それでもなくす。夏はラフがきついから臨機応変で、ローカルルールで、ワンペナとか、女性ならノーペナとかで、やって行った方がいい。雨上がりなど、ぬかるみに入ったら大変だからね。あと場所によっては、虫もいるので注意。スプレーは持って行った方がいい。

 デメリットであと、精神的なことだけど、妙な寂しさを感じることがある。なんで俺たちだけだけ、山奥でこんなことやってんだろうとかね。気の持ちようで、逆にゴルフ場貸切でいいんじゃないという人もいる。こればっかりは、いろんな捉え方があるから、判断は任せる。

 そうそう、女性に対する最大のメリットは、日焼けしないこと。この言葉で、女性はのってくる確率高いですよ~。誘い文句として最高だ、メモしておこうね。

2010年5月30日 (日)

生まれて初めての7パット

富士笠間CCで、1ホールで7パットもしてしまった。しかも、わずか1~2ヤードでの出来事。茫然自失はいうまでもないが、なんでそうなったんだかね。

カラーからのパーパットが外れ、上からの1ヤード強のボギーパットをオーバーし、今度は上りが残り、それがまたオーバーし、今度は下りがって、またオーバーしって、何がなんだかわかりましぇん。そのホールは、同伴競技者に数えてもらって10だった。

結果は91だったからよかった。とうことで、そのときハーフ2オーバーで30台が見えていたのにね。ゴルフってほんと怖いですわ。というか、間が差したのかなあ。

2010年5月18日 (火)

宍戸ヒルズ西コースを回る。

 今日は宍戸ヒルズでゴルフ。今度トーナメントがあるので、ラフが長く、グリーンも速くて大変だった。まあ、内容は雑誌に書くから置いといて、問題はニュードライバーだ。

 マクレガーのNV-Fの青に、フジクラのランバックスの50のRを装着。振動数が247と、SRのような硬さが実に良くて、練習場では、ナイスショットを連発。

 しかし、本ちゃんでは全然冴えず、フックばっかり。途中考え直し、これはバランスを重くしたからだと勝手に決め付けて、重りを軽くしてみる。そしたら、ますますひどくなって、チョロみたいなショットが出るし、すげえショック。
 
その後は、スプーンがフォローしてくれたがね。泣きながら碑文谷の練習場に行って、仕切り直す。ヘッドを以前の重さに戻して、ストレートにテークバックしたら、なんとかいい球が出るようになった。

 ふ~これで次は戦えるぞと。もやもやしてたから、問題点はその日に解決するのが一番いい。

多分、また、あ~たらいじくるんだろう。こうゆう努力は惜しまないから不思議だ。

2009年5月22日 (金)

ミッションヒルズ

埼玉の長瀞にある、ピートダイ設計の、超トリッキーな山岳コース。絶対叩くと思って臨んだら、43、37の80だと。ベスグロゲット。いやあピートダイは、俺に向いているのか?

 この調子で、怒涛のコンペシーズンを乗り切りたい。

2009年5月20日 (水)

日光カンツリー

 念願かなってようやくラウンドできた。井上誠一設計、日本オープン開催のチャンピオンコース、予想通り良かったす。

特徴は、フェアウエーがうねっていること。日光の厳しい気候が、寒暖の差により、50年かけてこうゆう造形を作りだすという。池がひとつもないのに、充分楽しい。

 さらにグリーンはベントながら芝目がきつく、下りでもブレーキかかりまくり。逆に順目の下りは超高速。さすが井上誠一、スコアもぼこぼにやられましたな。

2009年5月 4日 (月)

日立高鈴 五浦庭園

 ゴールデンウィーク前半は、ゴルフのバスツアーで留守だった。

 日立高鈴は、10日前に行ったのに、また行くとは。でも85で、前回より1打いい。

 翌日は五浦庭園カントリークラブ。こっちはワンハンで、40、44、44、とそこそこ安定。嬉しいのはどっちもベスグロ取れたこと。かなり復調の兆しありですかね。

2009年4月21日 (火)

琵琶池ゴルフ倶楽部 日立高鈴ゴルフ倶楽部

最近行ったコース。琵琶池は栃木の矢板インターから、15分ぐらい。フラットで池が多いということだが、そんなに多くはない。スコアは87。平日8000円台というのが素晴らしい。

日立高鈴は、5月にまた行くんだけど、遠かった。けどバスなので疲れれずに済む。日立近辺は山岳コースが多い。ここもトリッキーでアップダウンが凄いが、インターバルで工夫されてあり、思ったほどはひどくない。むしろうまくまとまっているかな。小さい砲台グリーンを攻めあぐんだ。スコアは86、ドライバーが曲がらなくて良かった。曲げる人は苦労しそう。

2009年4月13日 (月)

片山晋呉 マスターズ

 片山晋呉の単独4位は、嬉しいよね。体格的にも恵まれてないから、人一倍練習する努力の人。そうゆう人が好成績を残せるのも、アマチュアゴルファーにとっても励みになる。

 マスターズの片山選手を見て思ったことは、飛距離と髪の毛が、飛躍的に伸びていたことだ。飛距離は、いろいろ努力と工夫だと思うが、髪の毛はなんだ?

 以前髪の毛があまり多くないから、帽子を被っているんじゃないかと言われてたこともあったが、フィニッシュして、帽子を取って挨拶する姿を見るや、立派なロンゲ風の髪が、フサフサあるじゃないか。

 単に髪を伸ばしたから、髪型のせいで多く見えるのか?、あるいは育毛シャンプー、毛生え薬のプロペシアを飲んだのか。俺も飲んでるけどさ。本当のところはよく分らないが、これも喜ばしいことじゃないですか。

 だったらもう、あんな派手なカーボーイハットいらないだろうと思うが、片山選手クラスになると、帽子にワッペン1コで、年間数千万円単位の広告料が入る。それなら面積が広くてワッペンいっぱい貼れるやつの方が美味しい。てなわけで、片山選手の髪の毛に関係なく多数のスポンサーつき帽子は、外せないわけ。

 他の選手も売れたら、あの帽子を被ればいいのに。年間1億は広告料増えると思うんだけど。余計なお世話ですかね。

2009年4月11日 (土)

石川遼 マスターズ

 朝早起きしたんだが、すでに遼君のマスターズは終わっていた。スコアは6オーバー。その日は、15番まで1オーバーで結構いい感じだったが、16、17番と連続ダボ。これがなかったらなあ。非常に悔やまれる。

 でも17歳だから、ちゃんと戦っただけでも凄いですよ。今度は来年が楽しみにしておくか。来年出ても、まだ18歳だから。

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ