最近の記事

« ブログ更新。本格的な節電が始まったが、ただ節電を謳ってもね。カリフォルニア方式は、節電達成者にキャッシュバック。やはり何かしらメリットを与えないと。節電は節約なんだという厳しい現実。 | トップページ | ブログ更新。メルマガ「週刊キムラダイジェスト」。明日、タイトルリフレッシュで配信開始。今月から内容もさらに幅広く、パワーアップしてお届けします! »

2011年7月 3日 (日)

ブログ更新。新刊紹介。「わしらやましい探検隊」は、思ったよりやましくなく、女性も安心して読める。けど買いづらい人には電子書籍なんで、こっそり入手できるぞ、レジもないし(笑)という話。

7月から「アサヒ芸能」で連載していた、「わしらやましい探検隊」という連載約2年分が、ぶ厚い豪華電子書籍として、BookLiveから発売されることとなりました。PC及びアンドロイド端末で買えます。よろしかったらどうぞ。

http://booklive.jp/special/tokushu/id/yamashii

 そもそもこのタイトルなんですが、椎名誠先生の「わしらあやしい探検隊」のモロぱくりですが、平にご容赦を。タイトル通り、やましいところに行ってるのかというと、そうでもない。サブタイトルの、五十男の桃源郷を求めてというように、哀愁も帯びてないといけない。だからとがしと、30年ぶりぐらいに夏の新島にも行ったりもしました。当然何事も起こらず、持って行ったコンドームはお守りとして大事に持ち帰ったさ。あったりまえじゃん。ほかたったひとりでディズニーランドに行くというプランもあり、かえってこれは地獄だった。多分変質者だと思われたんじゃないか。へたに撮影してると、「キミカメラの中身を見せなさい」とか言われて、事務所に拉致されて「ほら、やっぱりエロ写真撮ってるんじゃないか」といわれ、「いえ、これは別なところでの趣味でして」と弁明すると、「ばっかも~ん。ほかでしてるなら、ここでもしてるんじゃ。ちょっと浦安警察に来てもらおうか」とか、言われたらどうしよう。実におっかなびっくり、命がけのレポートでした、どこが?

そもそも、男性誌で軽めのコラムを書くこと自体が、難しくなっている昨今であります。だって今はジャーナリトと称する、硬派な人が幅を利かせて、男はふざけちゃいかんという風潮です。昔、週刊新潮で連載を持つか、持たないかですり合わせをしていたら、最後にこう断られた。「軽めの記事は、女性がやるから、今回は~」だと。まあ一理あるんですけどね。けどこれしか、やれない男としては、なんとも言えないじゃないですか。

そもそも西原理恵子さんのように、女性はわりとふざやすいって、彼女はそもそも漫画家なんだけどね。西原さんは、絵のうまい下手に関わらず、己の画力で立派な仕事をなさってる。じゃテキスト原稿の世界はどうなのっていうと、硬いことを書かないと、ふざけてるとか、バカとか、バブルの残党とか、好きなこと言われてしまう。

そういえば、男性の軽めの表現者、渡辺和博先生は、もうお亡くなりになられて、田中康夫さんは国会議員となり、相変わらず軽妙ですが、ちょっと仕事の種類が変わった。まだノリノリで頑張っているのは、ホイチョイ・プロダクションぐらいでしょうか。そんななか、好きなことを書かせてくれた、アサヒ芸能編集部には、とても感謝しております。軽妙系男子ライター界に発展のためにも、この文化、是非残しておきたいものです。

今回は相棒の漫画家、とがし君のイラストも全部入っております。これも電子書籍の技術の高さのなせる技。是非お手に取って寝室にでも置き、一緒に枕でも濡らしましょう。なんのことやら。

« ブログ更新。本格的な節電が始まったが、ただ節電を謳ってもね。カリフォルニア方式は、節電達成者にキャッシュバック。やはり何かしらメリットを与えないと。節電は節約なんだという厳しい現実。 | トップページ | ブログ更新。メルマガ「週刊キムラダイジェスト」。明日、タイトルリフレッシュで配信開始。今月から内容もさらに幅広く、パワーアップしてお届けします! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ