最近の記事

« ブログ更新。「わしらやましい探検隊」電子書籍化記念、傑作選公開。5回目はサバイバルゲーム。大の大人がモデルガン持って、迷彩服着て戦争ごっこ。何が楽しいかって、これが案外ハマるんですよ。 | トップページ | ブログ更新。 坂本九の名曲「上を向いて歩こう」、リリース50周年に寄せて。この名曲は何度聞いてもいい、生涯ベスト1の曲に決まってるでしょ。昭和30年代以前の人にはね。 »

2011年7月22日 (金)

ブログ更新。映画「コクリコ坂から」の評価は賛否両論。傑作とは言わないが、何度も見たい映画だ。宮崎駿の人間としての原点がこの映画にある。昭和30年代生まれには、琴線触れまくりだぜ。

コクリコ坂からの人気いまひとつの根拠は、ハリー・ポッターとポケモンに負けて、順位が3位止まりってことなんだけど、舞台が1963年の横浜で、その頃の話をアニメで作って、3位に入る成績を得たのは、これだけでもう大成功でしょう。

 原作は別にあるんだが、宮崎駿が以前から温めていた作品で、企画・脚本は宮崎駿。監督が息子の吾朗。そういう意味では、父親の青春ストーリーを、息子が演出したわけで、なかなか素敵な親子リレーだと思う。

1963年というのは、1964年の東京オリンピックを控えて、1960年安保闘争の敗北後、とりあえず高度経済成長に向かおう、安保闘争は10年間蓋をしてまた考えようと、動き出した時期だ。

宮崎駿が今まで、ラピュタだとかブタだとか、ハウルとか、いろんなメルヘンをやって来たけど、これほど自分の青春をリアル描こうとするのは初めてのことではないか。もちろん彼は照れ屋さんだから、レアな自分って部分を投影したがらないが、でも一部原作を見ると、大分都合よく変えて、よりディープな宮崎駿世界を構築している。

話がどうのってこともあるが、この映画は文句なく世界観を楽しむ映画であり、あのふたりはどうなるんだろうなっていうのも、そりゃ楽しみだが、それは当時の「青い山脈」や「若い人」「上を向いて歩こう」なんていう映画の、アニメ版と見て差し支えない。オチがあるようでないし、そもそもプラトニックなんだからさ(笑)。吉永小百合が清純派でいて、決して処女を破るなんてあり得なかった時代だった。綺麗なままで終ると、割り切って見るのも、むしろすがすがしいですよ。

学生運動の名残のカルチャラタタン(解放区)闘争としての、寮の存続が危ぶまれるが、この学生運動の演出も宮崎アニメ的でいと可愛い。そういえば、同時代の「マイ・バック・ページ」もこの前上映されていましたなあ。団塊世代映画は、今相当来ているんだよね。

 後半寮を壊す壊さないで、学校の理事長と直談判の掛け合いに東京に行くんだが、それが徳間書店の創業者、徳間康快氏がモデルなんだろう。名前がバレバレの徳丸さんで、アサヒ芸能もどきの雑誌がこれみよがしに並んでいたし、だいたい徳間さんは、逗子開成高校の理事長をやっていた方で、そこらへんのバックボーンも一致する。

ジブリといえば、徳間書店ですよ。初期は特にお世話になりっぱなしで、豪快な徳間さんのひと声が、幾度となくジブリの危機を救って下さったんだろう。そのオマージュと恩返しと言う意味での徳丸さんの描写、これはいい思い出として、我々も共有していいと思う。

とまあさらにこっから面白いのだが、続きはメルマガ読んでね。次回は7月25日配信です。興味のある方は是非、一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

« ブログ更新。「わしらやましい探検隊」電子書籍化記念、傑作選公開。5回目はサバイバルゲーム。大の大人がモデルガン持って、迷彩服着て戦争ごっこ。何が楽しいかって、これが案外ハマるんですよ。 | トップページ | ブログ更新。 坂本九の名曲「上を向いて歩こう」、リリース50周年に寄せて。この名曲は何度聞いてもいい、生涯ベスト1の曲に決まってるでしょ。昭和30年代以前の人にはね。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ