最近の記事

« ブログ更新。携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。 | トップページ | ブログ更新。携帯電話販売店の店長語る。電話として使いたいなら、ガラケーを買えって、じゃアンドロイドって電話じゃないのか? もう何がなんだか(笑)。 »

2011年6月30日 (木)

ブログ更新。スーパー8は「スタンドバイミー」「ET」「未知との遭遇」「宇宙戦争」などを足して割ったような映画。傑作とは思わないが、夏の「トランスフォーマー」登場までは結構な人気でしょう。

スーパー8って、コダックの8ミリフィルムの名前なんですよ。日本で言ったら、往年のフジカシングル8って感じでしょうか。時は1979年のアメリカ中西部。子供達は8ミリのホラー映画作りに夢中で、深夜のひっそりとした駅で映画を撮ってたら、とんでもない事故に遭遇するって話しだ。

こっちは1980年に大学入学、シナリオ研究会に入って8ミリカメラを回してたクチ。だからその頃の時代背景はすこぶる分かるし、VTRはまだ高くて、一部の業務用しか使われてなく、3分しか回せない8ミリカセットフィルムを大事に使っていた。

でも映画に出てくる子供達の方が、全然当時のうちらより映画通だったことが凄くショックだ。ヘアメイクは当たり前だし、デブのリーダー、ジャイアンみたいなヤツは、シナリオに手を加えて、どれが効果的であるか、話に説得力を持たせにはどうするかとか、やってんだから恐れ入る。うちらシナリオ研究会のくせに、映画を撮るとき、シナリオなんてメモ程度だからね。現場で変えるのが当たり前と思ってた。しかも、長いセリフをみんな覚えているし、ちゃんと演技してるし、いや参った。というわけで幾ら映画の中でも、こんなませた子供いるんだなって、自分のお子ちゃまぶりを恥ずかしく思いましただ。

 しかも、唯一の女優役、エル・ファニングの存在感の素晴らしさ、これが実にいい。確かに可愛いんだけど、こんな田舎町にいそうな可愛さって言うのか、素朴なそばかすが似合う可愛さ、これが特筆ものだ。スピルバーグの「宇宙戦争」では、姉のダゴダ・ファニングが絶叫しまくりで楽しませてくれたが、エルの方が雰囲気出て好きかも。とにかくこの姉妹、スピルバーグ一家のお気に入りなことは確かだ。

こういう子供達の映画群像が、スタンドバイミーに似ているわけで、そこで淡い恋も生まれそうになったりと、その二度と帰らない、漫画「ボーイズビー」の世界っていうのか、これまたおやじの郷愁の誘うわけですよ。

それがサブテーマ。一方メインテーマの謎の生物なんだが、これが「ジョーズ」みたいに、なかなか姿を現さない。演出がうますぎて、逆にこいつジラしてんなって言うのが分かりすぎて、ちょっとイラっとしますね。映画って、演出旨すぎるのも、どうかと思いますよ。

結局その謎の生物はって、ここで書くわけには行かないので、メルマガ読んで下さい。個人的にはあれ?って思いましたよ。おいおい、どっかで見たことあるような気もするし、高等生物のくせに、それはないだろうってのもある。むしろそっちを沢山言いたい。メルマガで一緒に語りましょう。

7月から「週刊キムラダイジェスト」として、タイトルを変えました。次回は7月4日配信です。内容は以前と変わりません、映画をはじめ、時事コラム、ノベルなど満載でお送りします。興味のある方はどうぞ。一ヶ月無料ですので、丁度入りやすい時期かと思います。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

« ブログ更新。携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。 | トップページ | ブログ更新。携帯電話販売店の店長語る。電話として使いたいなら、ガラケーを買えって、じゃアンドロイドって電話じゃないのか? もう何がなんだか(笑)。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ