最近の記事

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

ブログ更新。スーパー8は「スタンドバイミー」「ET」「未知との遭遇」「宇宙戦争」などを足して割ったような映画。傑作とは思わないが、夏の「トランスフォーマー」登場までは結構な人気でしょう。

スーパー8って、コダックの8ミリフィルムの名前なんですよ。日本で言ったら、往年のフジカシングル8って感じでしょうか。時は1979年のアメリカ中西部。子供達は8ミリのホラー映画作りに夢中で、深夜のひっそりとした駅で映画を撮ってたら、とんでもない事故に遭遇するって話しだ。

こっちは1980年に大学入学、シナリオ研究会に入って8ミリカメラを回してたクチ。だからその頃の時代背景はすこぶる分かるし、VTRはまだ高くて、一部の業務用しか使われてなく、3分しか回せない8ミリカセットフィルムを大事に使っていた。

でも映画に出てくる子供達の方が、全然当時のうちらより映画通だったことが凄くショックだ。ヘアメイクは当たり前だし、デブのリーダー、ジャイアンみたいなヤツは、シナリオに手を加えて、どれが効果的であるか、話に説得力を持たせにはどうするかとか、やってんだから恐れ入る。うちらシナリオ研究会のくせに、映画を撮るとき、シナリオなんてメモ程度だからね。現場で変えるのが当たり前と思ってた。しかも、長いセリフをみんな覚えているし、ちゃんと演技してるし、いや参った。というわけで幾ら映画の中でも、こんなませた子供いるんだなって、自分のお子ちゃまぶりを恥ずかしく思いましただ。

 しかも、唯一の女優役、エル・ファニングの存在感の素晴らしさ、これが実にいい。確かに可愛いんだけど、こんな田舎町にいそうな可愛さって言うのか、素朴なそばかすが似合う可愛さ、これが特筆ものだ。スピルバーグの「宇宙戦争」では、姉のダゴダ・ファニングが絶叫しまくりで楽しませてくれたが、エルの方が雰囲気出て好きかも。とにかくこの姉妹、スピルバーグ一家のお気に入りなことは確かだ。

こういう子供達の映画群像が、スタンドバイミーに似ているわけで、そこで淡い恋も生まれそうになったりと、その二度と帰らない、漫画「ボーイズビー」の世界っていうのか、これまたおやじの郷愁の誘うわけですよ。

それがサブテーマ。一方メインテーマの謎の生物なんだが、これが「ジョーズ」みたいに、なかなか姿を現さない。演出がうますぎて、逆にこいつジラしてんなって言うのが分かりすぎて、ちょっとイラっとしますね。映画って、演出旨すぎるのも、どうかと思いますよ。

結局その謎の生物はって、ここで書くわけには行かないので、メルマガ読んで下さい。個人的にはあれ?って思いましたよ。おいおい、どっかで見たことあるような気もするし、高等生物のくせに、それはないだろうってのもある。むしろそっちを沢山言いたい。メルマガで一緒に語りましょう。

7月から「週刊キムラダイジェスト」として、タイトルを変えました。次回は7月4日配信です。内容は以前と変わりません、映画をはじめ、時事コラム、ノベルなど満載でお送りします。興味のある方はどうぞ。一ヶ月無料ですので、丁度入りやすい時期かと思います。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月29日 (水)

ブログ更新。携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。

携帯夏の陣。ドコモの全部入りガラパゴス・スマートフォン、使えるようで案外使えないんだな。iPhoneの弱点を突かないとダメなのに、ドコモの強みを消してどうするねん。

 今度アンドロイド端末で見れる、電子書籍「わしらやましい探検隊」(BookLiveから7月1開始)を発売することになりました。

ここ見てね。BookLiveと入れて検索しても出ます。
http://booklive.jp/special/tokushu/id/yamashii 

じゃ自分の本を読むので、アンドロイドのスマホに代えなきゃ。というわけでドコモ中心に新製品を調べて見た。最初はお~やるなあと思って喜んでいたが、段々と詳細が分かるにつれて、なんでこんなの作るの?と、呆れることが多い。

 まず理解していただきたいのは、ドコモはスマホである以前に、初めに携帯電話ありきである。携帯電話じゃなきゃ意味がない。その点iPhoneは2台目として使っている人も多く、さくさく画面を見て楽しめばいい。ソフトバンクは電波が弱いし、音声も音がこもりがちだし、ドコモ派に比べれば、電話としてはいまいち使いづらい。だからソフトバンクはiPhoneで稼ぐという、住み分けで良かったのだ。そしてドコモは優秀な電話の強みの戦略を打ち出せばいい。

なのにドコモのメジャーブランドは、みんなiPhoneより画面をでっかくという考えにとらわれて、薄っぺらな板チョコみたいになってしまった。特に、多分女性向けに作られたんだと思うが、MEDIASなんて、細すぎてバッテリーの持ちがすこぶる悪い。これで1日もつのか。

iPhoneを持って1年経つが、バッテリーが持つといいながら、1年経って実はあんまり持たないことが分かって来た。それはバッテリーが劣化してるのもあるが、ゲームや位置情報だと、電池を食うことをいっぱいさせているのも問題だ。しかも、容易に電池を取り替えられない仕組みもどうかと思う。

 その点ドコモはまだ、基本的に蓋を開けて電池を換えられるので、予備を持ってりゃなんとかなる。これが救いだ。でも薄っぺらなスマホは、到底毎日使う携帯電話としては不便だ。以前から指摘してるが、男性は胸ポケットに入れるわけでも、鞄に入れるわけでもない。ズボンのポケットに、ライターや鍵などと一緒に入れるのが常だ。だから凄くかさばるのも辛いし、痛んでは意味がない。

ゆえに形状は、以前のような折りたたみがいいと思う。画面も傷つかない。百歩譲って大画面なら、画面にフィルムを張るのは絶対必要だ。ちなみに他のキャリアでは、折りたたみスマホや、こぶりなスマホを売ってるが、ドコモの主要ブランドは皆無。これが大いに問題だ。

しかも今回の目玉は、オサイフ携帯が使えるなどの日本仕様が売りである。なのに主力のGALAXYSⅡは、ついてない。デザイン的には、OPTIMUSがiPhone風で好きだが、オサイフ携帯がついてない。基本男のライフスタイルとしては、電車に乗る時、携帯をかざして乗れるのが実にいいんだけど。

いちいちポケットから、スイカ出すのは面倒臭いしね。基本的にズボンのポケットに入って、電池が長持ちするのが必須でしょう。これを何を考えてんだか、薄くてでかい板にしやがって、サラリーマンや学生にはあんまりウケよくないと思うんだが。

なんだかんだ迷った挙句、自分はいったい何を買うのか。そしてEMを含めてのベストなモバイルコンビネーションは何か、そこらへんをメルマガでは考察してみます。

というわけでキムラ映画プラスエンタは、書くことが広範囲になったので、パッケージを変え、7月から「週刊キムラダイジェスト」としてお送りします。中身は従来と一緒です。興味のある方は是非、検討して見てください。

まだ画面は映画のメルマガですが、7月には変わります。アドレスは一緒です。次回は7月4日配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月28日 (火)

ブログ更新。155センチの身長に35センチヒール。レディ・ガガ様のコンプレックス克服戦略は、大いに見習うべきものがあるぞというお話だ。

そうねえ155センチのレディ・ガガが35センチヒールをはいたら、なんと190センチの大女になってしまうのね。そこまで大きく見せたいんでしょうか?まあ半分ギャグにしてるとこもあるような気がするけど、アメリカ人で155センチは小柄な方だよね。アブリル・ラヴィーンも150センチちょっとらしいから、ヒールをはかないと、ウサギがピョンピョンってイメージになる。やっぱ竹馬ヒールあったほうがいいね。

ガガ様は25歳だが、芸能界というか、音楽界に入った19歳の時、最初はスタッフだった。理由は地味だからだと。こんな派手な姉ちゃんいないと思うんだが、実はスタッフ扱いをされて、そこから発奮してスター街道を目指したわけだ。つまりセールプロモーションをして、演出に工夫を凝らして売り込みまくった。そもそも若い頃は、ストリップバーでダンサーやってたというからね。そこらへんもあっけらかんと、カミングアウトしてるし、そこが大物だ。キャメロン・ディアスも、若い頃六本木でダンサーだかキャバ嬢だかやってたが、歯切れ悪く多くを語らないもの。

そもそもレディ・ガガは、クイーンのRadio GaGaがお気に入りで、自分のテーマ曲として使っていた。ところが誰かが、メールを送ったとき、勝手にソフトの文字変換がRadioからLadyに変わってしまって、レディ・ガガに。おっ、それいいじゃん、これで行こうよってなったらしい。

すでにこういうエピソードが伝説になってる、そんだけで充分勝ち組だわな。じゃガガ様のような日本人はいるのかってね、そこんところは、メルマガで掘り下げます。よかったらどうぞ読んでください。

キムラ映画プラスエンタは、書くことが広範囲になったので、パッケージを変え、7月から「週刊キムラダイジェスト」としてお送りします。中身は従来と一緒ですけど、興味のある方は是非、検討して見てください。

まだ画面は映画のメルマガですが、まもなく変わります。アドレスは一緒です。次回は7月4日配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月27日 (月)

ブログ更新。メルマガキムラ映画プラスエンタは本日配信。「CGアイドル江口愛実の評判」「広井王子の舞台に秋元才加参加」「加藤鷹アプリ人気の謎」[ヅラ審議官」映画「マイバックページ」など満載です

ブログ更新。メルマガキムラ映画プラスエンタは本日配信。「CGアイドル江口愛実の評判」「広井王子の舞台に秋元才加参加」「加藤鷹アプリ人気の謎」[ヅラ審議官」映画「マイバックページ」など満載です。

キムラ映画 プラスエンタ! No.017…2011.6.27
《木村和久書き下ろし! 読んで楽しい映画批評とエンタメ情報》

【1】CGアイドル江口愛実はサゲマンなのか、このCG騒動で流れが変わったかも知れない人々たちとは。
【2】広井王子は初老の星。秋元才加と舞台で再会だ。お泊り疑惑もなんのその。迷わぬ50代王子に拍手。
【3】ホリエモン収監で、彼との長いお別れが始まった。そしてホリエモン世代の失速は、日本経済に大いに影響を与えるんだと。
【4】新作映画チェック●「マイ・バック・ページ」は今年一番の男ウケ映画。硬派な69年の映画、「ノルウェイの森」と好対照として見ると面白い。
【5】連載●『ゴルフマネジメント~もしドライバーが当たらなかったら?』もしゴルフ場でトイレが我慢できなくなったら。人生最大の難問に迷回答。
【6】iPhoneブックアプリの人気第一位が、加藤鷹「秘技伝 授」の謎。エロ解禁ですか、アップルさん?
【7】節電で浮いたお金はどうなっているのか?
【8】「もしヅラ?」もし原子力保安院の西山審議官がかつらでなかったら?あんなにモテなかっただろう。
【9】生き方再考小説●「ぽれぽれ」
今週も木村和久直送コラム満載でお届けする『キムラ映画 プラスエンタ!』。


来月から、さらに価値あるメルマガとしてお楽しみいただく志を明確にするために、 タイトルを『週刊 キムラダイジェスト』にリニューアルします。すでにご購読いただいている読者のみなさんには、契約の変更などは必要なく、そのまま継続してお届けしますのでご安心を!
気分一新でパワーアップする『週刊 キムラダイジェスト』をお楽しみくださ い!

興味のある方はどうぞ、毎週月曜配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月26日 (日)

メルマガキムラ映画プラスエンタは明日配信です。「CGアイドル江口愛実のサゲマン」「広井王子の舞台に秋元才加参加の事情」「加藤鷹アプリ人気の謎」映画「マイバックページ」など満載です。

キムラ映画 プラスエンタ! No.017…2011.6.27
《木村和久書き下ろし! 読んで楽しい映画批評とエンタメ情報》

【1】CGアイドル江口愛実はサゲマンなのか、このCG騒動で流れが変わったかも知れない人々たちとは。
【2】広井王子は初老の星。秋元才加と舞台で再会だ。お泊り疑惑もなんのその。迷わぬ50代王子に拍手。
【3】ホリエモン収監で、彼との長いお別れが始まった。そしてホリエモン世代の失速は、日本経済に大いに影響を与えるんだと。
【4】新作映画チェック●「マイ・バック・ページ」は今年一番の男ウケ映画。硬派な69年の映画で「ノルウェイの森」と好対照として見ると面白い。
【5】連載●『ゴルフマネジメント~もしドライバーが当たらなかったら?』もしゴルフ場でトイレが我慢できなくなったら。人生最大の難問に迷回答。
【6】iPhoneブックアプリの人気第一位が、加藤鷹「秘技伝 授」の謎。エロ解禁ですか、アップルさん?
【7】節電で浮いたお金はどうなっているのか?
【8】「もしヅラ?」もし原子力保安院の西山審議官がかつらでなかったら?あんなにモテなかっただろう。
【9】生き方再考小説●「ぽれぽれ」
今週も木村和久直送コラム満載でお届けする『キムラ映画 プラスエンタ!』。


来月から、さらに価値あるメルマガとしてお楽しみいただく志を明確にするために、 タイトルを『週刊 キムラダイジェスト』にリニューアルします。すでにご購読いただいている読者のみなさんには、契約の変更などは必要なく、そのまま継続してお届けしますのでご安心を!
気分一新でパワーアップする『週刊 キムラダイジェスト』をお楽しみくださ い!

興味のある方はどうぞ、毎週月曜配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月25日 (土)

ブログ更新。「もしヅラ?」 もし原子力保安院の西山審議官が、かつらでなかったら、あんなにモテただろうか。今冷静に世に問う。結局ヅラで良かったんじゃん的人生とは何か。

 別におちょっくてんじゃないですよ。仮にですね原子力安全・保安院の西山英彦審議官の頭髪が、かつらだとしましょう。それはそれで、人生において大いにプラスになったんじゃないかと思うんですよ。例えバレバレでもねというお話。

西山審議官は、一部じゃ熱心なファンいますから、そういう輩が、ネットにかつらを装着してない時の写真も流してるんですよ。その写真を予想はしていましたが、実際見てびっくですよ。見事なてっぺんハゲでおられました。自分だけ頭を建屋で覆いやがって、というギャグは置いといて、もしヅラなしで女性とお酒を飲んだとしても、あんな不倫疑惑なんて起きないでしょう。

 西山審議官は54歳で、ハーバードを出たエリート中のエリート。この人がバレバレでもかつらを装着すると、45歳ぐらいにしか見えない。逆にかつらなしの写真は、60歳を越えて見えるから、かつらで約20歳弱、若く見えることとなる。だったら周囲に気づかれても、かつらを装着なさった方がいいでしょう。

 西山さんのいいのは、どっからどう見ても不自然な頭髪に見えることだ。この人、世間を騙すつもりがないんだ、実に誠意ある人だってのが伝わって、個人的には好感がもてる。

昔聞いた話なんだが、長く結婚生活送っている、初老の夫婦がいた。あるとき、妻がふと夜中に目が覚めて、隣のベッドに夫がいないことに気づく。長年連れ添った夫だが、こんなことは初めてだ。ひょっとして、家の廊下にでも倒れてるのかも知れないと心配して、家を探してみた。すると浴室から物音がする。どうしたんだろう、気分でも悪いのかと思い、そ~と浴室のドアの隙間から、夫の姿を確認し、何をしてるか見たそうだ。

そしたら、なんと夫は妻に隠れて、かつらを洗っており、見たことのないハゲっぷりに妻は驚き、あわてる。しかし、懸命に動揺をこらえて、何事もないかのように妻はベッドに戻り、寝たふりをしたそうだ。

さあここから話は急展開だ。この夫婦はいったいどうなったと思いますか。妻は今まで夫がかつらだったことに、全く気づかず、なんか騙されて生きて来たことに憤りを覚え、なんと離婚してしまったのだ。

ねっ、こういう例もあるんですよ。それに比べれば、西山審議官の頭髪のなんとお茶目なこと。多分、「頭かくしてヅラ隠さず」という戦法が、女性からみて、母性本能を妙にくすぐったのではないか。これからは、あえて自分はハゲなんだけど、帽子みたいに被っている、バレバレのヅラが流行るのかもね。

とまあいろいろ好きなことを書かせてもらってますが、次回のメルマガは月曜、27日配信です。メルマガはブログで書いたことを、さらに掘り下げて、内容を加筆しております。さらにオリジナルコンテンツも加えてボリュームアップ。興味のあるかたはどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月24日 (金)

ブログ更新。暑いですね。節電はいいけど、その節電で浮いたお金はどうなっているのか。実は経費削減で利益が出てんじゃないかな。せめて義援金出すとかしようよ。

暑いですね。節電はいいけど、その節電で浮いたお金はどうなっているのか。実は経費削減で利益が出てんじゃないかな。せめて義援金出すとかしようよ。

 単純な疑問なんですけどね、スーパーとかデパートとかなんでもいい。節電して照明を落とした、エアコンの設定温度を上げた、そして、お客様にはご迷惑をおかけしておりますがとかいいながら、実は電気代を2割ぐらい浮かせているんでしょう。言い方が下品だが、節電イコール金じゃん。経費節減をしてお金が浮いてんじゃん。その浮いた金でLED照明を買ったならいいさ。でも何にもしてなくて、ただ浮いてたら?そしたら利益を消費者に還元しろとは言わないが、せめて一部を義援金に回すとかしてはと思うんだけど。

 ものはいいようで、本日20パーセントの節電を達成しましたと言うと、お~すげえこの企業頑張ってるなとなるけど、本日電気代100万円浮きましたって言うと、おいおい、その金どこに流れるんだってね。

 だって浮いた金は、お客様が不自由な、暑苦しい思いまでして、商品を買いに来た証なんだから、そのまま会社のポケットに入れられてもと思う今日このごろであります。

せんだってのニュースで、どこかの自治体が、昼の最盛期電気需要が伸びて、一斉停電になる恐れががあるとき、住人に昼の2時間、冷蔵庫の電源を切ることを促す一斉メールを出すという。そのデモンストレーションが報道されてたけど、そんな冷蔵庫を何百世帯切っても、焼け石に水のような気がする。やらないよりはいいがね。

 それよりも、いつから日本は、冷蔵庫の電源すら使えない国になったんだとね。こんな電力事情の悪い国が、先進国に入ってるのがおかしいでしょ。 

 ここで昔のエピソードをひとつ。昔戦争中、ガスに火をつけてお湯を沸かした。そしたら今日はガスの炎がいつもよりでかい。「お父さん今日は、火が強いからお湯が早く沸くねえ」と娘が言う。それを見ていたお父さんは、はっと気づき、「空襲だあ。早く火を消して逃げなさい」って言ったとさ。つまりガス会社は、国からいち早く空襲情報を得て、ガスタンクが爆発炎上しないように、在庫のガスを全部放出してるのだ。だからガス多くて火の勢いが強かったのだ。

 これと同じように、今や娘が「お父さん、今日は冷蔵庫が使えるみたいだよ。氷がキンキンに冷えてるから、かき氷食べよう」って娘が言った途端、父の目がキラリとひかり「どうやら眠ってた原発が稼動したようだ。放射能が飛んで来るから避難しなさい」なんてことが、もうすぐ起こりそうなんですけど。

 冷蔵庫は電源を切らなくていいと思う。ほかにもっとやることあるだろうと。例えば図書館で空調を切って開館するとかやるみたいだが、それはナンセンスだ。家が暑いから図書館に来るわけで、そんで暑かったら意味がない。そういうときは、幾つかの図書館の休業日を輪番制にしてカット。その代わり開館日は、ちゃんと冷やすとかさ、そういうことをやるべき。昼の地下鉄もエアコンを消す時間帯を設けるとか。これもナンセンス。すでに間引き運転で、電車そのものを休ませているのだから、エアコン消すなんてもってのほかだね。

 そもそもおかしいのは、東京電力の存在自体で、電気を売っておきながら、電気を使うなという、矛盾した商売をしているからね。こんな商法が成り立つのもひとえに、地域の独占企業だからでしょう。そういう会社が、上場してることが摩訶不思議だ。ガス会社ともっと競争させるとか、あるいは第二の電力会社を設立させるか、はたまた地域の垣根を越えて、関西電力や東北電力が東京で商売できるようにするとか、競争原理を働かせないと、同じような殿様商法が続けられ、利用者はエネルギーを選べないという状況になり、延々原発の電気を使わざるおえない状況になる。

どんな夏になりますやら。東京電力株は、汚染水処理のもたつきと、地中を壁で遮蔽するのに1000億円かかり、その見積もりを株主総会前ゆえの、発表見送りが発覚して値を下げてます。というか保安院の西山審議官、ズラで不倫かあ。しかもハーバード卒、苦笑しておこう。

6月から時事コラムを多数書いてます。メルマガでは、加筆しより掘り下げて、さらにオリジナルコンテンツを増やして配信してます。次回は6月27日です。興味のある方はどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月23日 (木)

ブログ。高城さんがオヤジの星なら広井王子は初老の星。秋元才加と舞台で再会だ。お泊り疑惑もなんのその。恋愛禁止だけど仕事なら××していいのか。××は山城新伍さんの専売特許だったなあw。

高城さんがオヤジの星なら広井王子は初老の星。秋元才加と舞台で再会だ。お泊り疑惑もなんのその。恋愛禁止だけど仕事なら××していいのか。××は山城新伍さんの専売特許だったなあw。

江口愛実に気を取られている間に出て来たのが、広井王子プロデュースの舞台に、オカロこと秋元才加が出演する話しだ。この企画、事務所的には、もともとない話なんだから、逆に舞台出演を取り辞めるのもペナルティ的、すなわち怪しい関係を認めたことになるから、ここはすんなり予定通り行きましょうとでも決めたのか、平気なようだ。すでに秋元はチームKのキャプテン辞めて、みそぎは済んでいるし。そういえば選挙の得票も下がらずって、ほんと国会議員みたいだよね、みそぎがさ。

でもさ、おいおい待てよってね。週刊誌を30年以上やっている自分が言うのもなんだが、こういうゴシップ報道って、どうせ雑誌社のデッチアゲでしょ。いつも嘘ばっかり書いてというけど、現場から言わせてもらえば、火のないところに煙は立たず。むしろ報道を弱めたり、泣く泣くボツしたことの方がはるかに多い。もちろん双方が合体したという証拠はないし、だいたい現場が見れないからね。でも通常は芸能人が関係者と泊まるってあり得ないでしょ。実は終電なくなったので~なんていうテクは今どき古臭いぞ~。それは70年代の貧乏学生が使う手だぜって、そうか広井王子は57歳だから、往年のベタなテク、電車がないから泊まっていけば作戦を使ったのか?。あなた普通はタクシーで送るだろ、大人なんだから。

真偽の程はどうでもいい。面白いのは、そう報道されても、オカロの人気は衰えず、17位のままだったってことだ。これってどうなんですかね。正直ファン心理を聞いてみたい。そういうのはあり得ないと思っているのか、いや業界だから仕方ないさ、でもオカロが好きって思っているのか、興味あるね。

ただひとつ、これも言えることだが、このファン心理を煽って、あんまりスキャンダルを気にさせない戦法って、キャバクラの王接客テクなんだよね。

キャバクラって客の誰々とやったとか、黒服やホストの誰々とデキてるとか言われても、キャバ嬢の人気はいっこうに衰えない。不思議なものでキャバ嬢に「お前悪い噂出てんだけど、大丈夫か」なんて聞いてみても「バカじゃない。そんな話しを信用してんの。あなたは私をそういう風に見てるんだ。だったらもう呼んでくれなくて結構よ」と逆に凄い剣幕で押される。挙句「悪かった、疑ったおれがバカだった。ほらシャンパン頼むからさ、機嫌直して」と、また多大な出費をするはめに。

オカロもファンが多大な出費をして、順位を維持させたんだもんね。そんな初老の男と何かあるわけないじゃん。あの人は先生だからってのが、表向きの見解だ。それはそれでよろしい。

 それにしても男からみたら、広井王子って人は、80歳になっても王子なのか。そこか突っ込むとこは?じゃなくて、57歳でイキのいい若い娘をねえ、まさにジャパニーズ芸能界ドリーム(男目線でね)だなあ。オラも作曲とか舞台とか、そのテの先生をやればよかったなあ。

しみじみ~若い娘にモテるって素敵よね。そのシミジミで思い出したが、昔、サザエさんが、3億円事件が発生したときに発表した4コマ漫画が傑作だったんですよ。マスオさんがコタツの上で、柔らかいイカリングをいじり、300000000という数字を作って、ひっくり返り天井を見つめる。そこを通ったサザエさんが、あんた何考えているんだか、わかるよみたいな突っ込みいれてた漫画あったんだけど。その気持ち分かるよねえ、3億円って、当時ゼロが幾つつくんだよってさ。

 さしずめ今回、このサザエさんネタを拝借させていただくと、広井王子はこたつの上で、秋元が去った朝に、マッチ棒でオ・カ・ロって文字を作って、天を仰いだのかなあw。BGMは浜田省吾で「もうひとつの土曜日」で決まりだな。話しを作る作るw。

マジこういう初老の男になりたい。定年間近な男たちにとって、これほど勇気を与えてくれる存在ってないでしょ。広井王子はオカロと一緒に被災地とか訪問して欲しい。細かい事情は説明せんでいいからさ。もうすぐ爺さんという人たちに多大な元気をあげれると思うんだけど。サクラ大戦のソフト売っていいからさ。

とまあ初老の憧れ広井王子先生のお話しでしたが、AKB48は、こういういろんな噂をものともせず、驀進中だ。そこらへんの話をメルマガでは、まとめておきます。
興味のある方はどうぞ。一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月22日 (水)

ブログ更新。映画「マイ・バック・ページ」同じ69年を描くにしても「ノルウェイの森」と、こうも違うものか。硬派な全共闘の69年。「八日目の蝉」が女性ウケなら、今年一番の男ウケ映画かも。

話は1969年から72年にかけてのこと。だから50歳以下の方は何がなんだか、ちんぷんかんぷんだと思う。映画館には団塊の世代の人が多く来ていた。自分は59年生まれで、全然団塊世代に間に合わなかった世代だ。もの心ついたときはビートルズは解散していたし、安田講堂攻防戦は覚えているが、すぐに話題は大阪万博に移り、うちらは高度経済成長の申し子だった。

もちろん学生運動の話は、後でいろいろ学んであるのでわりと詳しい。主人公沢田の入社したのは東都新聞だが、原作者の川本三郎さんの自伝的小説ゆえ、モデルは朝日新聞と容易に分かる。子供の頃から、朝日新聞と週刊朝日を購読していた(実際は親が取ってたんだけど)者に取っては、当時の編集部はこんな感じだったのかと実に興味深い。

その頃は、今で言う左翼かぶれ、共産主義思想、社会主義思想が当然のごとく蔓延し、そっちの世界がユートピアだと思っていた。日米安保条約にあんだけ命がけで反対したのはなんだったのか。現代において日米同盟に文句を言うやつは、ほんと少数派だ。だいたい当時は北朝鮮が理想の国で、よど号のハイジャック犯は、「我々はあしたのジョー」だと言って、北朝鮮へ旅立ってしまったんだからね。今となっては、えっ冗談でしょってことが、実際起きていたのだ。日本人の半分以上の人間が、間違った考えに感化されて共鳴してたのだ。ただ政府自民党のアメリカ傀儡政権に反対を唱える意味で、左翼に傾いていたフシは大いにあるんだがね。

 そんな状況で、この映画は進む。全共闘を支持する東都ジャーナルの沢田(妻夫木聡)と、遅れて来た全共闘学生梅山(松山ケンイチ)が取材で知り合い、親しくなっていく。当時の学生運動は安保闘争に敗れ、セクトが分裂して、方向性の違いなどで細分化して行く。そこで、実際行動を起こそうとする過激派が生まれてくる。梅山は遅れて来た過激派もどきだったわけで、沢田は取材者というポジションを保ちつつも、加担ととまではいかないが、新聞社の社員として応援のようなことをしていく。わりと川本さんの原作に忠実に描かれているようだが、あくまでこれは川本さん目線の話であって、実際の加担ぶりが目に余って、さらなる事件になったのは事実のようだ。

先は映画を見てもらうが、簡単に言ってしまえば、この時代の若者の多くは、左翼思想にかぶれてないとバカ扱いされたってことだ。それは映画出演者ほぼ全員が、タバコを吸っていたように、もの凄い数の左翼だった。もちろん映画にはほとんど出て来ないが、まるっきり学生運動を無視してるノンポリ学生もいた。ノンポリ、すなわちノンポリティカル、非政治的な学生の最右翼が、映画「ノルウェイの森」の世界なわけで、偶然なのか松山ケンイチが、両極端なふたつの69年映画に出ているのは面白い。松山の青森出身のイナカ臭い顔が、70年前後の顔としてイメージを出しやすいんじゃないか。妻夫木君は、その点、かっこ良すぎだけど。

 そんなタバコもうもうの時代。しかもハイライトとか、ピースとか濃いのばっかりで、あんたら肺がんになるよと言わんばかりのタバコの量だ。その膨大なタバコの煙のようにどこでも談論風発の時代だった。そんだけみんないたるところで、革命だ武装蜂起だと言っても、その先にいったい何があったのか?正しい答えが分かっていた人がほぼ皆無だったのも笑えるんだけど。

とまあとにかく、この映画は、もし10年早く自分が生まれて来たら、学生運動をやってたのかなってことを、追体験させてもらえるのが何よりだ。俺は左翼学生だったのか?あるいはノンポリだったのか。今では分からないがね。

そして現代とこの映画を照らし合わせてみると、談論風発という意味では、今はツイッターやブログでそれが起きているのかも知れない。個人的には69年と現代は、いろんなものを言い合うという意味では、非常に似ているのだ。無気力、無感動、無関心の三無主義がはびこった70年代、そして80年から「なんとなくクリスタル」の消費文化、ポパイ世代の躍進。やがて90年代バブル、そして崩壊の、失われた20年となると、マジでここ数年が、メディアが個人の手に渡り、談論風発復活時代になったのだ。まさか原稿料生活を30年を経て、こんだけ無料原稿を書くとは、夢にも思わなかったし、見ず知らずのツイッターフォロワーから、意見をふっかけられたりと、いやはやそこだけまさに1969年なんだなあ。

 69年は間違っていたやつが多いと再三自己批判しているんだが、平成23年の原発対応や大震災に対する考え、今後のエネルギー問題などは、歴史のフィルターにかけたら、後で大分間違ってたいえるものが多いような気がするんだけど。いかがでしょう。

メルマガではそこを詳しく論じてみます。興味のある方はどうぞ。映画のメルマガですが、発表したコラムを加筆して数本配信してます。もちろんオリジナルの配信コンテンツもあります。一ヶ月無料となります。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月21日 (火)

ブログ更新。iPhoneのブックアプリの人気第一位が、加藤鷹の「秘儀伝授」である件。え~いつの間に、アップルはエロ解禁になったんでしょうか。誰か事情教えてw。

 iPhoneアプリは、基本的にエロとかスケベとか、セクシーとか、そういうのは禁止と聞いている。申請しても通常は通らない。そもそも審査がアメリカの本部でなさっているというから、本国で加藤鷹の秘技を鑑賞したんだろうなと。加藤鷹さんには、なんの恨みもないが、むしろ尊敬しているんだけど、まあやってることはエロっちゃエロじゃん。そこらへんで、よく企画が通ったなあとびっくりしている。アメリカの本部では、まさか「オリエンタルミステリアス、カンフーフィンガー、ゴッドハンド」とか言ってないだろうね。この人は元AV男優で、ただのイカセ屋ですよ~。審査会場に女性スタッフもいて、実際これは実用性があるのか?NASAにも聞いてみるかとか、3つのスポットはここかと、実際試している事の顛末をレポートするだけで、一本映画が取れそうなんですが。

 まあ結局、結果としては審査が通った。彼は本物だ、是非タカ・カトーのゴットハンドをワールドワイドにデンジュしなければ~とか、言い合ってたんでしょう。

 全く事情が飲み込めてないんだが、だって以前キャバクラの企画を電子書籍で出そうとしたら、まず通らないから辞めたらと何人にも言われた。でも女性の膣に指を入れて潮を吹かせるテクニックが芸術で、キャバクラ嬢を口説くテクニックが雑多で下世話な風俗とは言わせませんよ。まあどっちでもいいんですけどね、ただ普遍的な、統一された基準というのを、明確に打ち出してもらわないと。アプリ制作者側は困惑します。

 なんとなく分かっていることは、この6月で何かが起こっていることだ。関係者が多いから調べれば分かるんだが、多分分かったとしても、おおっぴらに言えないと思うので、客観的事実から分かることを言おう。加藤鷹のブックもそうだし、堀江貴文公式アプリの出版社の垣根を越えた統一アプリもそう。審査が緩く、間口が広くなったと見ていいんでしょう。ただこの審査も、単純な紙様式のBOOKだと数が多すぎて、本部が毛嫌いするとか。うちらは本屋じゃなくて、総合エンターテイメントのデバイスだから、一番数多くて儲からないのが本で困ってんだよ、みたいな噂は聞く。つまり誰でも本を作れるから、いざ売ったら3部でしたみたいなのが山ほどあって、それが他のアプリを圧迫するから、本は出すけど、むしろ審査を厳しくみたいな動きはあったようだ。

そこで総合エンターテイメントゆえに、本に画像や音をつけた電子ブック、あるいは音楽アプリや映像アプリにして、テキストを乗っけた別物で出すと、審査が通りやすいし、値段ものっけやすいとかね、まことしやかに言われてた。制作している中小のアプリ屋さんは、そのつど振り回されていたのは事実だ。

iPhoneのアプリの審査基準は、ひとつの企業の取り決めかもしれないが、今や世界の電子書籍、ゲーム、音楽をリードするプラットフォームなわけで、もっと公共性、透明性があってもいいんじゃないかと思うが。まっ加藤鷹の審査許可が、ワールドスタンダードの回答なら、それならそれでいいんですけどね。

メルマガでは、さらに取材して、ほんと外では言えない事情を探ってみます。

興味のある方はどうぞ。映画のメルマガですが、時事コラムをブログから、数本を加筆、書き直して掲載しています。次回は6月27日配信。一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月20日 (月)

ブログ更新。ホリエモン収監で、彼との長いお別れが始まった。今改めて思う、彼を失うことの損失の甚大さ、そして大きくなって戻って来ることへの期待。

堀江氏とは一度ゴルフ場でお会いしたことがあるんだが、実に礼儀正しい好青年で、まあ時々メディアに見せる、不遜な態度っていうのか、あれはあれで演出なんじゃないかって思ったりもしてみる。今回の収監インタビューを見ると、これはこれで仕方のないことと、だいぶ悟りの境地が垣間見えた。これはきっと、かなりできた人間になって、シャバに戻って来るんではないか。ダイエットも成功しそうだし、いろんな意味で彼の進歩と成長を期待したい。

そこで今改めてライブドア事件についての、私なりの意見を言わせてもらい、ホリエモン世代の失速傾向が、日本経済にとって本当に得だったのか考えてみたい。

まずライブドア事件の細かいことはよく分からないが、その犯罪のようなものは、スピード違反で例えるなら、50キロ制限のところを、55キロぐらいで走ったってところか。そういえば、東横インのオーナーも耐震偽造でこの例えを使ってましたなあ。堀江氏も、ほかの事例では実刑が出てないのにと言ってたから、全くの冤罪とか、事実無根の出来事ではなく、それなりにグレーゾーンでの見解の相違的な係争をしたのでしょう。

ここで見方を変えよう。堀江氏が少しのスピード違反という表現でいいのか分からないが、軽微な違反で実刑となったのは、「命のやりとり」をする舞台で戦ったからにほかならない。それは日本のオールドエコノミーの老人達と旧態依然のマスコミのオーナー達の喉元に、ナイフで切り付けに行ったからである。爺さん達は、持ってる権益と政治力を使って、ホリエモンなんとかならんのか、あんな若造に、自分らの会社が乗っ取られるなんて、たまったもんじゃないとボヤいてたんだろう。

こうなると、お互い少しのミスでも命取りになる。堀江氏の会計を探ってた人たちが、これならアゲられますよとでも言ったのだろうか。

 これは例えば、民主党の前原さんが、わずか数万円の外国人の献金を受けたことで、役職を辞しているのと似ている。これは野党の議員が、前原氏が顔を出している焼肉屋に偶然食べに行ったら、前原氏とおばちゃんが仲良く写真に写っているのを発見した。前原さん、支持者にわりと細かい配慮してるなあと感心しつつ、待てよ、けどこのおばちゃん日本国籍なのかなあ?念のためにちょっと調べようって、とこから刺されたのだ。

このように、命のやりとりをする舞台に上がっている者は、わずか数万円の違法献金で役職を失う。厳しい世界だ。堀江氏も、自分が命のやりとりする舞台に上がっていることに対しての、認識不足があったのではないか。いったん食うか食われるかの戦いを開始したら、そりゃどんな相手の些細なミスでも、突っ込まれる。脇が甘いやつが負けるのだ。

真相は分からないが、これが自分なりの見解だ。それよりも、私が懸念していることは、堀江氏を代表とする、40代前後のITバブルの新興経営者が、ライブドアショックの余波で、ことごとく失速してしまったことだ。これって、日本が世界と戦う上で、とてつもない損失であり、多分逆に若者の実業家に金を持たせた中国なんかに、するすると追い越されてしまうのではないか。実際もう負けているんだけどね。簡単に言えば、日本は成り上がって来た若者を、老人達が将来のことも考えずに、自分らの保身のために潰したってことだ。

トータルでの日本の損失は計り知れない。世界の負け組一直線だ。ここらへんは、メルマガで詳しく述べて行きたいと思います。

次回の配信は6月27日です。興味のある方はどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

ブログ更新。CGアイドル江口愛実はサゲマンか?このCM騒動で流れが変わったかも知れないぞAKB48、江崎グリコ、秋元プロデユーサーの面々。


結局江口愛実はCGでした、皆さんお騒がせしましたというノリで、グリコのホームページじゃ、AKBの福笑いみたいなことやっているがね。ちょっとこれは企業の広告としては悪乗り、やりすぎなんではないか。ワイドショーや雑誌も、スポンサーがらみで、この幼稚なネタに食らいついたフリをしてあげて、なんだよ~合成じゃんとおどけて見せて、その露出全部が広告換算されてしまう現実。結局おまえら、最近調子こいてないかという、やっかみの方が増えてしまい、AKB帝国のターニングポイントになってきているような気もする。そこらへんの、ファンの微妙な心理の変化を、汲んであげないとダメですよね。

この前までAKB総選挙で、小遣いを散々使わされて、その後、いきなり自分らの投資したアイドルでない新人がセンターに来られたら、なんだよって普通思うよね。まあ結局CGかで終らせてもいいけど、散々振り回されて、今度はやっつけでCM制作かよ。AKBの顔をつぎはぎにしただけで金儲けか、ちょっとこれはないんじゃないの?と怒る気持ちも理解できる。

プランとしてはそんなに悪くない。けどタイミングが悪かった。AKB総選挙自体が、そろそろ金権選挙どうなのよと、教育上もマナー的にも疑問が上がり、勝てば官軍方式のやり方に、伊集院光さんやナイナイの岡ちゃんも疑問を投げかけている。いわば同じ芸能界からもえげつないと苦言が出て来た。このタイミングでのCGアイドルの登場は、結果間が悪かった。しかも、ネタを引っ張り過ぎだ。CMだから公開予定が決まっているんだが、AKBファンの異常な盛り上がりを見せ、さらにヒートアップし、だんだんイライラしてか、悪口まで出て来た。これも発表してから、さっと翌日ぐらいにネタばらしすれば、どうってことない話だったと思う。お約束の引っ張り戦法が裏目に出たのだ。

さらに秋元プロデューサーも、AKBが売れ出した頃は、苦労なさって、手弁当でやって売れると信じてたとか、不敗神話とか言われたが、実はこの人、企業CMで大敗している。セガの湯川専務を登場させたドリームキャスでは、任天堂にこてんぱんにやられ、セガ自体の運営もおぼつかなくなった。しかもスポンサーが傾いているのに、製作まで請け負って、結果、秋元さんの周辺だけはは、結構儲けたじゃんといわれている。そして今回のグリコのCMだ。どういう契約かは知らないが、企画に絡んでいるのは確かだろう。素のプランでは悪くないと思う。CGアイドルも出ていいはずだから。企画としてはアリだ。けどジンクスというかね、企業CMを扱う意味では、ミソつける伝説がどっこい生きていたのだ。

結局これも金だけふんだくってと言われたら、セガの二の舞じゃん。別に何が悪いわけではないんだが、まあ今までが、非常にうまく行き過ぎたことへのやっかみとか、嫉妬も入っているんじゃないのか。なんかあざといネタないかなと探している時に、江口愛実が出て来たのかも知れない。

そして割り食ったのが江崎グリコの株価だ。グリコはもともと、グリコのおまけで人気だった会社だから、こういう変わったCMをやるのは伝統芸だ。なんらやって問題ない会社だ。でも今回は材料が出てないのに、株価が3日で870円から820円へガクンと落ちた。今はやや戻したが、低空飛行をしているのは確かだ。これは、どう考えても江口愛実への、痛烈なマイナスメッセージなんでないか。株価との因果関係は立証されないが、グリコ商法も悪乗りと世間は言ってるんだと思う。

恐らく江崎グリコが大スポンサーで、各テレビや雑誌が江口ネタに食らいついて、グリコに気を使ってしらじらしいコメントを並べて、「果たして本当はどうでしょうか」と、小芝居やってることが、うざくてしょうがなかったのではないか。大人が媒体を使って、ガキをだまして、またひと儲け企んでいるんではないか。そう見えたのかも知れない。

この江口愛実は、ほんとCGのくせにサゲマンなのか?どこにマンがあるか分からないがね。AKB48、これがピークだったと言われないようにしたいものですな。

とまあこのネタも、メルマガでは深く掘り下げて書いて行きます。本日は6月20日分の配信日。江口愛実ネタは、6月27日に加筆してお送りします。映画のメルマガですが、時事ニュースをメインに幅広く書いてます。興味のある方は是非、購読ください。一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

メルマガ本日配信。「さや侍は、一瞬傑作に見えるが、以前がひどいので良く見えるだけ」「江口愛実はネタ引っ張り過ぎ」「プリンセストヨトミは綾瀬の巨乳で目がくらむ」など満載。

キムラ映画プラスエンタ、本日配信です。

◇◆◇ メニュー ◇◆◇
【1】新作映画チェック
松本人志の映画「さや侍」。見た瞬間は大傑作かと。しかし冷静になると、過去の2作品があまりにもひどいので、ギャップで素晴らしく見えただけ。監督としてはようやく一人前か。
【2】AKBネタ深読みコラム
CGアイドル江口愛実、いきなりグリコのCMでセンターに。もはやネタ引っ張り過ぎで興ざめ。企業のCMとしてはいささか、悪乗りなのでは。それにしても江口かわゆすぎるw
【3】激情コラム。女子高生及び制服で、いたずらに欲情を煽るビジネスって、どうなんだろうか
【4】新作映画もう一作。
全て美味しいとこを持って行った、綾瀬はるかの巨乳暴走機関車って?(笑)。
【5】連載●『ゴルフマネジメント~もしドライバーが当たら なかったら?』今回はいよいよ、ゴルフ場に来たときの心構え、マナー、練習など。
【6】まじコラム●未だ復興が見えない、我が故郷石巻、震災100日後の姿
【7】生き方再考小説●「ぽれぽれ」

今回もブログ発表ものは、加筆で内容を掘り下げております。今後ますますボリュームアップし、マガジン的色彩を濃くして行きたいと思います。

キムラ映画プラスエンタ
840円にて本日配信。興味のある方は是非、一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月18日 (土)

ブログ更新。松本人志の映画「さや侍」。見た瞬間は大傑作かと。しかし冷静になると、過去の2作品があまりにもひどいので、ギャップで素晴らしく見えただけ。監督としてはようやく一人前か。

もともと彼が映画に対しては造詣が深いのは知ってた。松本人志の日経エンタでの連載、シネマ坊主は、かなり細かい演出論などを展開して、この人が映画を撮ったらさぞかし面白いんではないかと、期待したものだ。


松本人志が映画監督になるとどうなんだろう、皆が期待するなかで公開されたのが、「大日本人」と「しんぼる」で、商業映画としてはちょっとね、相当がっかりだった。本当は映画を知っているはずなのに、ひねくれているんだか、ノーマルでは勝負しないんだよね。自分のノーマルでの実力を知っているからこそ、あえて外すというか、工夫して行かないとと思ったんだろう。最初だから正攻法で作って、そこそこの評価を得て、そこそこのポジションに収まる自分が見たくないのかも知れない。結果、ネームバリューもあったので、大外しはなかったが、ご覧の通りだった。

個人的な感想としては「大日本人」って、映画の作り方、規模に対してのアンチテーゼみたいなのを入れたかったんではないか。だから本編の映画ではあるのだけれども、ただの戦隊ものの安い自主映画もどきにしか見えない。そんな安い造りでも言いたいことは言える、映画というパッケージに対する挑戦だったのではないか。ものは言いようだがね。

続いての「しんぼる」は、ヌーベル・ヴァーグもどき(笑)、ちょっと観念的な実験風を入れて、俺はバカじゃないぞ的な、立ち位置を演出したかったのかも知れない。それもただのポーズで、いろいろ変化球投げて、ヒットポイントを探っていたんではないか。

そして今回は、仏の顔も三度まで。ここでヒットしないと、映画監督生命の危機だ。今回は人の話も受け入れたんだろうか、脚本というものがしっかりあり、その脚本にわりと忠実に作られている。内容はともかく、伏線、脇役、起承転結などの運び、繋がりはオーソドックスだが、テンポよく進む。

 話はなんでそういう縛りになるのか、全く分からないが主人公の野見勘十郎が三十日の業をやらざる終えなくなり、若君を笑わせるために、毎日くだらないギャグをやり続ける。ここは付き合いで見よう。相変わらずくだんねえなあと見ていく間に、妙な感情移入が芽生えて来て、それは野見勘十郎なのにか、あるいは松本人志の演出なのにか、自分でもよく分からないが、何か全てに応援したくなって来た。

いいぞ松ちゃん、このまま殿様の御慈悲を受け取って、見事野見勘十郎が無罪放免となれば、あっぱれ、それでいい。途中余計な小芝居とかしないで、そのままオーソドックスに話しを作れば、ちゃんと映画を作れるって証明できるじゃんってね。

ところが最後の15分、ものの見事に裏切られた。映画としては普通のオチなんだが、まさか「さや侍」でこの展開にするとは。こうなると、なんで野見が「さや侍」になったかの、エピソードもビジュアルで見せてくれると、非常に深みがあるのだが。

 あんまり書くと楽しみにしてた人に悪いから、書かないが、最後の見事なエンディングを見てブラボーと思った。これが映画だと。けど翌日冷静になって考えてみると、あれで普通の映画じゃん。今までの出来が悪いふたつの作品があったから、素晴らしく見えただけかもって。

 もちろん前より向上してる。これで第4作も作れるだろうし。ますます北野武の方向に傾倒せざる終えないし、逆に北野武の偉大さを、痛感してるんだろうなあ。

松本人志は北野武を尊敬してたが、昔は「あの人」という表現で、あまり近づかないというか、お笑いでは全然負けてない、むしろ抜いてたと思ってた。ところが映画にはまってからは、逆に絶対にかなわないと思って来て、カンヌでのペコペコエピソードやら、最近の共演でも、完全にたけしの盛りたて役だ。かって明石家さんまが、ビートたけしを越えようとして、こてんぱんに実力の差をみせつけられて、軍門に下ったように、松本人志もたけしを越えられなかった。吉本が全部束になっても越えられない壁、それがビートたけしこと北野武なんだよなあ。

というわけでメルマガは、俺たちひょうきん族全盛のころの隠されたエピソードをお送りします。「さんまが、オレのことタケちゃんって呼ぶんだよ」事件の顛末。

次回は6月20日配信です。ブログの内容よりはるかに奥深くなってます。興味のある方はどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月17日 (金)

ブログ更新。明日(6月18日)公開の映画「127時間 」って、究極の選択だ。もし腕を自ら切らないと命が助からないとしたら?分かっててもできない自分がそこにいるよね。

 127時間
 アカデミー賞監督、ダニー・ボイルの最新作ですね。ダニー・ボイルは、「スラムドッグ$ミリオネア」で、アカデミー賞、作品賞を含む最多8部門に輝き巨匠入りした人。その最新話題作がこれだ。

 彼はほんと器用な人と言うか、実に多彩な変化球を投げてくる。今回の映画は、非常にシンプルな作りで、登場人物が極端少ない。お話はアウトドア好き青年が、実際に起こしたトラブルというか、事故をもとに映画化されている。主人公の青年は、アーロン(ジェームス・フランコ)で、金曜日の夜、行き先も告げずに、ロッククライミングに出かける。非常にストイックな行動だ。

途中道に迷った女のコふたり連れがいて、秘密の池へ案内して、ちょっといい健康的に楽しい気分になったりもするが、それは次なる悲劇を、より残酷に見せるための伏線に見える。

 127時間という数字通り、タイトルになった時間は、ひょんなことから、ロッククラミング中に、手を挟まれて完全に脱出できなくなってから、事故が終息するまでの、時間を指す。

 クライマックスシーンから言わせてもらうと、どうしても右腕が石に挟まれて壊死して、ついに飲む水もなくなり、自分の尿も飲んだが、そろそろ限界で、もうろうとして、多分あと1日ぐらいで死ぬんじゃないないかと悟る。けど誰ひとり、周囲には人がいない。そしてアーロンが決断したことは、自分の右腕を、麻酔なしで切断することだった。

決断はいい。けど決断と行動というのは伴わない。何回か腕を切る真似をする。けどやっぱり痛くて切れない。けどもう時間がない。やっぱりやるしかないのか。とは言っても、自分の骨とかどうやって分離するんだ?

あとは、実際の映画を見てのお楽しみですが、人生の決断も、分かっててもできない人がいっぱいいますよね。タバコだって、吸わない人の方が、余命が5年以上長いとか言われていても、結局吸う人は吸うでしょ。

いろいろ考えさせられたけど、これしか生きる術がないからって、できますか?。まだ誰かに腕を切ってもらうならあり得るかもね。女性は無理だろうな、力がないし。男性でも、1割できるかな。そうなったらやらざる終えないのは理解できるが、実行途中で失神するだろうなあ。とまあ、延々その考えがぐるぐる、脳裏をかけめぐるのだった。

映画というより、あなただったらどうする?っていうドキュメンタリータッチの番組か。願わくばこういう状況に陥りたくないんだけど。今年一番考えさせられた映画であるのは間違いない。

2011年6月16日 (木)

ブログ更新。女子高生及び制服で、いたずらに欲情を煽るビジネスって、どうなんだろうか

友達の話しで恐縮だが、大分前の出来事で、友達は当時ハタチを過ぎた女性とデートをしていた。食事して当然ながら、そういうホテルに行った。その女のコは、たまたま撮影だかコスプレだか知らないが制服を着ていたそうだ。何気にいつもどおり、くるまを駐車場に止めて、ラブホテルのエントランスに入ろうとした瞬間、どっからともなく、ホテルのオヤジがやって来て、「あんたら迷惑なんだよ。制服着てホテルに入れると思ってるのか。さっさと帰ってくれ」と、えらい剣幕で追い返そうとして来た。女のコは「私ハタチ過ぎてるし、これ撮影で使ったから、制服じゃないんです~」と言ったがそのおやじは聞く耳をもたず「そんなの関係ねえ、見つかったら営業停止だ。お前ら店潰す気か」と、言われて、ふたりは退散したそうだ。

とまあ、このように女子高生とセックスに関しては、国や東京都はことのほか厳しい措置を取っている。これはメディアにも言えることで、連載している週刊誌などでも、女子高生ものの風俗や水商売、制服系などの記事もご法度で、女子高生のことを記号で表すJKも書けない。

 女子高生を性の対象にしてはいけないんだが、その一方で、女子高生のエッセンスを取り入れたメディアビジネスが、狡猾に増えている。これはどうなんだろう。
 最近女子高生の制服をイメージしたコスチュームを着た、アイドルユニットが活躍してるが、あれは着てていいのか?一応、あいつらはスカートの下にホットパンツみたいな、見せパンをはいてるので、OKみたいなんだが、果たしてどうなんだろう。それはライブやコンサートで確認できる見せパンであり、テレビで見る限り、ただのミニスカートひらりで、その中身が見えるわけでもなく、気になってしょうがない。

昔、セーラムーンが、アニメで超ミニスカートで、パンツはみ出るぐらいのスカートというか、ほとんど薄い布みたいなスカートで登場して一世を風靡したが、子供に人気で、実際のショーはどうしようかと協議した。デパートでの屋上ショーでは、あのまんま生足ミニスカートで出てはいけないってことだよね。結果どうしたと思う。なんと足元から太ももと全部に、肉襦袢着せて全てを被り物した。なんという涙ぐましい努力だろうか。これならわいせつではないとね。

私がいいたいのは二次元画像と、三次元画像は違うということだ。二次元で許されても、同じことが三次元で許されないのだ。例えば「もしドラ」の表紙。これもあり得ないくらいの超ミニスカートをはいてる、全くドラッガーと関係ない女子高生のイラストである。個人的には、これはどうかと思うよ。だって、こんなミニスカートを学校指定にしてるわけないじゃん。みんな腰でスカートを巻いてるから、パンツが見えそうになる。いわば校則違反のイラストだ。まあでも表現の自由もあるし、民間だからね、お咎めはないでしょ。あざといけど。

しかし、これがNHKでまんま、超ミニスカート姿で「もしドラ」を放送された日は、NHKはいたずらに性欲を煽る表現に加担してるとなるじゃん。いいのかよ、校則破ってはいてる超ミニスカの女をアニメに出してさ。だいたいあんなミニスカートはいて、街歩くなんて、アメリカじゃコールガールだぜ。それを毎日見せつけられる野郎の気持ちになってみろってね。

いわんや、あんなパンツが見えそうな姿で、三次元の実写映像でテレビに映ってはダメでしょ。いくらアイドルでも、制服をイメージさせるものは質素にしないとさ。

そんなわけで、毎日学校じゃ生のミニスカ見せられて、プライベートじゃ、制服もどきのアイドルのミニスカ追いかけてさ、いまどきの若者は、頭おかしくなるよね。結果男どもは、ふたつの方向性に分かれる。ひとつは、もろそれで欲情して、自らミニスカ女子を求めて、交際したり、セックスしたりする健全タイプ。ところがこれが最近少ない。草食化なんだろうか。多いのは、ますますへんてこりんな方向に萌え~する輩で、なんと言っていいのか、日本の将来大丈夫かってね。もっと書きたいが枚数が足りん。
 

続きはメルマガでも読んで下さい。月曜6月20日配信です。映画のメルマガですが、コラム大増発。全て加筆でお送りしてます。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月15日 (水)

ブログ更新。未だ復興が見えない大震災の被災地石巻。3ケ月経っての現状を見て来たので報告だ。

 この前、故郷石巻に帰ったので、大震災3ケ月目の、現状を報告したい。少しづつ復興はしているんだが、やはりまだまだ人もお金も足りないのが現実だ。道路はなんとか通れるが、家のガレキとなると、まだ相当残ってる。魚臭い湊地区なんか、鼻が曲がりそうで今回スルーしたもん。小学校の同級生の家は、2階に置いてた液晶テレビなど、ごっそり盗まれた。そういう産業の人は、元気に参入してるみたいだ。ほんと来なくていいから。

 そんななか、大いに不足しているのが自動車だ。田舎はくるまがないと死活問題でどこにも行けない。何するにもくるまが必要だ。その上、仙石線というローカル電車は、松島までしか開通してなく、途中の駅を見たが、もう線路とか駅の形を残してなかった。というのも、レールを敷き直しても、津波にまた襲われるのではないかと恐れている。ゆえにルートをこのまま自動的に復旧させていいのかということで、話がまとまってない。だから、復旧が進まないのだ。

ますますくるまに依存する状態で、実際に起きてるのがくるまの値上がりだ。というか、もともとタマがないので、中古車の価格が異常に高い。軽自動車は車庫証明や税金面で優遇があるので、逆に高くなってる逆転現象が起きている。これも笑えるが、ちょっとお値ごろな、安いくるまは要注意なそうだ。つまり、津波で浸水したくるまを、軽く直した程度で転売している。だから石巻の人は安いくるまに手を出さない。かと言って、高いくるまには手が出ない。困ったもんだ。うちの叔父さん家族も、くるまが流されて、仙台のオークションを頼んで、ホンダのワゴンを1台抜いてもらった。込み込みで33万円。でも10万キロ走行だ。一方、石巻の兄貴のクルマが今度は壊れた。仕方ないので東京で買って送ってやった。これがホンダのアコードで、5万キロ走行で、込み込みで22万円。それを石巻の人に見せると、信じられない値段だと驚く。外観はピカピカでエンジンも元気。石巻じゃ最低でも倍はするとね。

このくるま販売で、結構儲けているやついるんではないか。震災商法は、今盛んになりつつある。さらに友達が家を流されたので、高台に家でも買うかなんて、土地を見に行った。この前まで、坪7~8万円だった土地が、ここ2ケ月で高騰し、この前は80坪が2000万円で売りに出されていた。つまり坪25万円、約3倍の値上がりになっている。土地はあったけど、みんな浸水してしまい、低い土地は誰も買わない。代わりに日和山の高台が一等地となり、このような現象となったのだ。これも震災バブルで、ひと儲けしている人いるでしょう。

こんなとこで物価が上がっても困るんだけど、いっこうにガレキの撤去などが進まないのは、地方の自治体がお役所仕事で、補正予算とか悠長に待っているから、進捗率が遅い。公債や市債の発行、あるいは県や国と相談して、見込みで予算を出して、動かさないとダメだ。ガレキは100年分出ているんだからね。正直金払って、業者を雇わないと何ら進まないのであります。

仮設住宅にしろ、抽選して辞退者多いって言うが、それはたまたま行くアテが見つかったからで、逆に言えば、仮設住宅が当たらないから、保険かけてほかの居場所を探しただけでしょ。

もっと有能な、偉大ななる指導者いませんかね。後藤新平は、関東大震災の時、国家予算の何倍もの復興予算を出して、大風呂敷といわれて却下された。けどその時、都市計画をやってれば、こんな入り組んだ東京にならなかった。今こそピンチをチャンスに。ほんと指導してるやつの顔が見えない。困ったもんだ。

2011年6月14日 (火)

ブログ更新。江口愛実、いきなりグリコのCMでセンターに。AKB総選挙無視の陰にはCG説が飛び交う。傑作なのか、悪ノリなのか判断を仰ぎたい。それにしても江口かわゆすぎるw

江口愛実、いきなりグリコのCMでセンターに。AKB総選挙無視の陰にはCG説が飛び交う。傑作なのか、悪ノリなのか判断を仰ぎたい。それにしても江口かわゆすぎるw


何かと話題先行で、その先行した話題が、ことごとくヒットしているのが今のAKB48。天才秋元さんでも、10年に1回にないくらいの好循環路線を驀進中だ。その最たるものが、グリコのCMセンター事件だ。まあ事件と言っていいのか甚だ疑問だが、一応発表では16歳の新人、江口愛実が、前田、大島を従えてセンターに立つ快挙を成し遂げている。秋元さんも、絶賛のべた誉めって、なんだよ、だったら今までの選挙結果を尊重しないのかよ。イタリアのベルルスコーニだって、選挙の結果は厳粛に受け止めるって言ってんだぞ~。

そうやって憤慨しながら、CMのポスターを見ると、なんと板野が8位のくせにセンター脇にいるぞ~これはどう見ても、選挙前に作られたものだ。まあそれはご愛嬌だが、江口の写真を見るにつけ、異常に可愛すぎてむしろ興奮すら覚えない。秋元才加がオカロなら、江口愛実は、エロ愛実なんて言おうと思ったが、エロさはあまりないね。もはや江口ひとりで、AKB10人分。でもよ~く見ると、その人間離れした可愛さに違和感を覚える。こいつは生きているのか、どう見ても神7の美味しいととこを、はっつけて作った、究極の可愛いこちゃんじゃないか。これは無味無臭アイドルと名づけたい。

 あくまで憶測だが、そういう憶測を呼ばさせるのも、手法のひとつですからね。50歳過ぎた、初老のおやじが、江口は人間なのかと、つぶやくことの方が異常っちゃ、異常だけど。このCG作戦は見事成功して、よしんばAKB48大量解雇にならないといいんだけど。

その前に気になるのは、グリコといえばガッキーはセンターに立たないのか?むしろこっちこそ出演料のいらないCGに駆逐されるなよと、心配するぞ。ここで起死回生の話題作りをしてはどうだ。いっそ無免許で意気消沈している石川遼君がロッテなら、グリコ代表として江口が遼君と付き合うってどうだろう。16歳でもCGだから、淫行になりませんって、なんら救われない話ですな~w

参考までにグリコの特設アイスサイト

 http://www.icenomi.com/top/index.html

2011年6月13日 (月)

ブログ更新。全て美味しいとこを持って行った、綾瀬はるかの巨乳暴走機関車って?(笑)。映画「プリンセストヨトミ」を観て。

全て美味しいとこを持って行った、綾瀬はるかの巨乳暴走機関車って?(笑)。映画「プリンセストヨトミ」を観て。

この奇抜な発想の映画は凄い楽しみだったんですよ。400年前、豊臣の子孫が実は生き残っていて、大阪人が代々守って、現代の今も大阪が国家として独立し、豊臣の子孫を守り続けているとね。

映画の出来はいい、現実と虚構が入り混じって、難波ファンタジーっていうのか、そういうロマンを感じてたんだけど、でもね映画に余計なものが入り混じって、全てそいつが、美味しいとこを持って行った。いや泣く子と巨乳には勝てないとは、このことだわ。

綾瀬はるかがちょっと胸元を強調したような服装で、登場してくる。大阪市民が忽然と消え、誰ひとりひなくなった難波界隈。そこでどうしたの?誰もいない、ここにもいないって、不自然な演技をしながら、綾瀬はるかが巨乳をたっぷんたっぷんさせながら、走りまわる。もう圧巻だあ。

高校時代、アグネスラムが水着でビーチを走った映像を見たときも、鼻血が出そうになったが、今回もかなりの衝撃だった。最近はJINとかで胸をしっかり隠した着物でテレビに出ていたから、すっかり彼女の巨乳を失念していた。いい按配に思い出させてくれた、このコは、もともとは「おっぱいバレー」なんだなと。

尺にしては異様に長い、ほとんどサービスカットのような、大阪府内の巨乳爆走シーン。しかも、2回ぐらい長回しがあって、これでもかって感じの巨乳祭りだった。

綾瀬の巨乳は、それはそれは、服を着てでも乳が暴れはっちゃく状態で、両腕からはじかれて出そうだ。出るわけないか。さぞかし乳汗もでたことだろう。せっかくなら、乳汗を商品にして売ってみてはどうかな。チチアセヨーグルトはどうだ。ただこれ言いたかっただけじゃん。

それにしてもよくまあ、この撮影を了承したよなと。だって事務所と本人の了承を得ないといけないんでしょう。事務所はともかく、本人がどうやって巨乳爆走シーンを了承したか?、そのやりとりを想像するだけで、ほんとまた、興奮してきますわ。

綾瀬はるかの魅力って、あのロンパリの眼差しで、案外生真面目でややおつむが足りない、そういうキャラクターで売っている。つまり、ちょっと理屈をこねて騙せばひょっとしてなんでも出来るんではないか。いったん信用させれば、どんなプレーも喜んでしてくれる。そう思わせるとこが、男にとっては凄く魅力的なのだ。

「これは映画の演出上、重要なシーンなんだ。躍動感が必要なんだ、だからこの服を着て大阪府民のために全力で走りなさい」とかいうと、分かりましたと言って、一生懸命走る。そいういう綾瀬が好きだ。

映画を見終わって、「プリンセス豊臣」は、綾瀬はるかでないじゃんって分かった。あったり前じゃん。そうか彼女は「プリンセス豊胸」だったのか、妙なところで納得したのでありました。

さらに、歴代の巨乳隠しタレント、長澤まさみと優香についても、鋭くメルマガで書きます。優香はね、松ちゃんとディズニーランドデートで、ミソつけたからね。あの発覚事件はなんてアホなの?という話しのおまけもつけて、6月20日の配信のメルマガでお送りします。

メルマガ興味のある方はどうぞ。月曜配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

メルマガ本日配信です。全て加筆で話題の真相に迫る。「AKB総選挙の裏、大人の陰謀」「ルーニー植毛で分かる、日本の芸能界植毛紳士録」「ユニクロでアメックスが使えない謎。カード手数料バラしますか」など満載。

メルマガ、キムラ映画プラスエンタ、本日配信です。

全て新たに加筆してあり、ブログでは味わえない、更なる深みと面白さ。今週もほぼ700行の読み応え満点メルマガ! お楽しみあれ!

【1】AKBネタ2連発!●AKB総選挙から読み解く大人の陰謀
【2】AKBネタ2連発!●AKBとキャバクラの類似点
【3】連載●『ゴルフマネジメント~もしドライバーが当たらなかったら?』400ヤードを2オンするには?
【4】新作映画チェック●「スカイラインー征服ー」
【5】話題のコラム●植毛ルーニーと日本の芸能界。植毛芸能人は誰なんだ。
【6】話題のコラム●ユニクロで6月からアメックスカードが使えない?カード手数料、全部ばらします。
【7】話題のコラム●山口もえの夫が逮捕。西麻布の違法キャバクラで暗躍する人たち。。
【8】生き方再考小説●「ぽれぽれ」

有料メルマガは私信。すなわち手紙扱いですので、それはもう、更なる深みのある、ここでは言えないお話が満載でお送りします。興味のある方は是非、サンプル画面をご覧下さい。一ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月12日 (日)

ブログ更新。仙台で大震災のボランティアや応援で泊まるなら東横インだね。だってウエスティンに泊まって、ボランティアしたら石投げられそうだもんね(笑)。

あの強欲社長のキャラクターとか、耐震補強問題で有名になったホテル東横インだけど、実はなかなか良心的経営してて、リピーターも多く大人気なのだ。数年前、甲府でラジオの仕事をしてて、1年間毎週甲府に泊まっていた。その時指定された宿が東横インだった。だから最低でも50回は泊まった計算になる。そういう体験を含めて、東横インの良し悪しを書いてみたい。

まず東急東横店と間違う名前なんだが、最初のホテルが、蒲田近辺にできて、それが東京と横浜の中間だったからつけたという話だ。だから東急グループとは一切関係ない。

サービスで人気なのは朝食無料サービス。5000円ほどの宿泊料金に、無料朝食がつけば、お客としては相当お金が浮いた感が強い。基本はおにぎりに味噌汁で、あと各店メニューは独自に決めて、漬物やトースト、カレーなんてのを加えている。食べ放題だから、朝は結構腹いっぱいになる。これが最大の人気だろう。ただしロビーに毛の生えたところで出すから混むし、合い席は当たり前だし、時間をずらしていくと、もう食べ物がなかったりと、これのどこがホテルと思えるって光景だ。そこらへんは工夫して欲しい。

部屋は狭いが、ウォシュレットトイレだし、シャンプーリンスも、ドライヤーも基本ある。ベッドは建物により、セミダブル、ダブルというのもあり、甲府では差額1000円ちょっとを払って、いつもダブルにしていた。有線LANがあるから、ノートパソコンで仕事もできる。甲府時代はそれでよく仕事をしていた。カウンターのようなテーブルも、さほどひどくない。男だからメイクしないから、ノートパソコンの大きさはスペースが余る、それでさくさく書ける。

伊集院静さんは、御茶ノ水の「山の上ホテル」が定宿で、自分のオリジナル原稿用紙に、手書き原稿だったなあと、この前テレビを見て感心していたが、東横インでノートパソコンじゃ、物書きとして風情はないね。問題はそれぐらいだが、これも時代かも。だいたいハリーポッターの作者のローリングも、第1作はお金がなくて、ドトールみたいなところで書いてたわけだし、場所は関係ない。

話を戻すが、ホテルで気に入らないのが、禁煙ルームが低層階になるということ。タバコを吸わない人を優先すべきでしょう。でもタバコの火の不始末で火事になるなら、高層階から燃えた方が下の人が助かる。そういう考えのようだ。だから時々、あまりに低層階をよこされると、上層階の喫煙ルームをわざと指定した。別に喫煙ルームだからって、タバコ臭いってことは稀だから。生活の知恵だ。

仙台には気づいたら東横インが4つもあった。朝のロビーの賑わいをみる限りほぼ満室だろう。実際他の東横インに電話したら、満室で断れた。大震災の時、仙台では部分復旧の段階で、いちはやく営業を始めたのも、東横インだった。3月末では、唯一と言っていいくらいの営業開始。沢山の人がそれで助かったはず。

あの御殿に住んでる社長も顔を出さなくなった。そのほうがいい。別に儲けてもいいからさ。基本従業員は、ほとんど女性だから、人あたりはいいのだ。

 とか書きながらさっきから、朝食コーナーをちらちら見に行ってるのだが、あまりの激混みに、あんぐりだ。あの座席がないなかで、トレーを持って並び、あてどもない空席を探すパワーがない。このホテルインターネットの早割りだと、33パーセントオフって、3000円台で泊まれる。いいんだけど、朝はねえ例え悪いけど、炊き出しだよ。けど今のこの時代、このホテルが支持されているというのも、皮肉だよね。

まさかウエスティンに泊まって、震災のボランティアに来ましたとか、ちょっと言いづらいでしょ。東横インは、泊まってても、世間で非難されないのが素晴らしいって、これは誉めているのか?というわけで、今から石巻に行って、親戚回りをしてきます。

2011年6月11日 (土)

ブログ更新。 太宰治の生家、斜陽館を見に、津軽まで行く。

 

そんなわけでJR東日本パスを使って、青森は津軽の太宰治の生家、斜陽館に行ってきた。行ってまずびっくりするのが、とんでもない田舎で、なんのへんてつもない淋しい街に、忽然と現れた他を圧倒する大きな屋敷という感じでしょうか。ここだけ周りの建物と明らかに違い、違和感が相当ある。家というよりも大旅館という風情だ。明治40年から、この姿だっていうんだから、どんだけ金持ちだったのかってね。家の向かいには、誰も利用しないだろうと思いつつも、青森銀行とみちのく銀行の支店が並んで営業している。これも異様な光景だが、実は青森銀行と斜陽館は、昔から関係があるというか、そのものだったのだ。

 斜陽館は太宰の父親の津島源右衛門が、明治40年に建てた屋敷で、設計は当時、青森一の建築家、堀江佐吉に依頼している。だから太宰の生家という理由で価値があるとともに、建築学的にも貴重だと言われているのだ。

父親は簡単に言えば成り上がりで、大地主になり、金融業も始め、金木銀行の頭取となる。その金木銀行が、昭和13年に、青森銀行に吸収されるのだ。だから斜陽館には、当時の帳場みたいなスペースが大きく取られて、金融業の店舗も斜陽館にあったのではないかといわれている。

家は2階部分も広くて、しかも洋間があったり、仏壇も見たが、金ぴかで仏壇というより、中尊寺金色堂って感じだ。太宰が生まれた部屋を見たときは、なんのへんてつもない部屋だったが、ここに歴史そのものがあったんだなと、ちょっと身震いをした。

屋敷は土間がセンターにど~んと広がり、家というより仕事場か。実際土蔵が2つ残っており、今は展示室になっている。土蔵には太宰の直筆原稿などもあり、案外字汚いじゃんと、ほっとしたり、推敲もすこぶる多いなあと、妙なとこで感心する。

ちなみに斜陽館とは、以前民間に売られて、戦後からしばらく、斜陽館という名の旅館になっていた。だから今でも通称斜陽館になっている。でも小説の斜陽は、愛人の太田静子さんがモデルで、金木の家とは関係ないんだよなあと。ちなみに太田静子さんと太宰の思い出の屋敷は雄山荘といって、小田原にあり、2009年に火事で消失している。

とはいえ津島家も家を売ってるから、斜陽はまんざら違ってないのか。ちなみに太宰の長女の園子さんの旦那さんは、この前まで厚生大臣で、自民党最大派閥の津島派の会長、津島雄二さんだ。今は政界を引退してるが、太宰の父が貴族院議員だと思うとね、まだ国会議員の血脈は、婿として続いているのかなと。ほか娘さんの太田治子さん、津島祐子さんは作家だし、文豪の血脈も未だ続いている。

今度は三鷹の太宰の墓でも行ってみますか。6月19日は桜桃忌です。去年、太宰の映画、「ヴィヨンの妻」や「人間失格」などを見たが、出来はともかく個人的にファンなので好きだ。また見たい。松たか子は、デブなのか、むっちりなのか、それも、もう一度確認したい(笑)

2011年6月10日 (金)

ブログ更新です。新作映画レヴュー。「スカイライン征服」これは「タイタニック」や「ターミネーター3」などのビジュアルエフェクトを手がけた、ストラウス兄弟が新感覚のSF映画を監督だ。6月18日公開。

新作映画レヴュー。「スカイライン征服」これは「タイタニック」や「ターミネーター3」などのビジュアルエフェクトを手がけた、ストラウス兄弟が新感覚のSF映画を監督だ。6月18日公開。

これは日産スカイラインとか、そういうタイアップは全く入ってないですね。ストラウス兄弟というのが監督で、この人たちは、「タイタニック」や「ターミネーター3」などのビジュアルエフェクトを手がけ「エイリアンVSプレデター」で初の長編監督をやり、今回がいよいよ2作目ってとこか。まあようするに映画の技術屋さんが、監督をやりだしたってことで、そりゃVFXてんこ盛りで、とてつもなくすごい映像だけど、どこまでロケしてるのかは、甚だ謎だ。多分宇宙船関係は全部特殊効果の作りものだろうなあ。

話としては、「宇宙戦争」に近いものがある。あっちはスピルバーグが作って、人間を食って地球を血だらけにして、ダコダ・ファニングを絶叫させたもんだから、こっちはさらにエグいことしなきゃ。そういう演出のプレッシャーがあったんじゃないのか。次第に映像がエグくなってくるぞ。

話は荒唐無稽すぎて全くわけがわからん。そりゃそうだよね。朝起きたら宇宙人が攻めて来たって、そんなことを言われたら、毎朝そういう危険性があるわけで、その理由を問われても困る。ただ地球にわざわざやってくる宇宙人だったら、相当な高等生物なわけで、そいつらも多分宇宙のユネスコみたいなところに加盟しているはずだから、下等生物の人間を襲うわけないと思うんだけど。それを否定したら、話が進まないので、たいがい襲ってくるってことで話が進む。

 映画でも、実際に地球軍と戦闘開始になる。そんな高等生物の宇宙船とアメリカ空軍が互角に戦えるとは思えないんだけど、必ず結構、地球防衛軍頑張ってんじゃんって運びになるのが気に入らない。それじゃ「インデペンデスデイ」と同じじゃんってなる。

後半になって、妖怪人間ベムの頭でっかくなったような、モンスターが登場するんだけど、これをどう評価していいものか。カップルで見にきたら、彼女の方は気持ち悪くなるんじゃないなか。決してファンタジーではない。よく言えば男臭い映画で毒が相当ある。その毒が何作品めかで、うまく洗練されて商品化できれば、もっとヒットするかなと。

まあブログのレビューはこれぐらいにしておきますか。もっと読みたい方は、メルマガで詳しく書いてます。

6月13日配信です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

ブログ更新。AKB総選挙とは何だったのか。メンバーのキャラはキャバクラの縮図と書いたが、総選挙のシステムは大相撲の縮図じゃん。ごっつあんです、語ること多し。

AKB総選挙とは何だったのか。メンバーのキャラはキャバクラの縮図と書いたが、総選挙のシステムは大相撲の縮図じゃん。ごっつあんです、語ること多し。

 総選挙の結果はね、別に前田と大島がどっちトップ取ってもいいですよ。板野の8位というのも、逆に最近おしゃれ番長で最近調子こいてるから、女性票あたりが伸び悩みなのか。おやじだけでは、票集めの限界じゃないかって意味では、結構リアルな順位だったと思う。まだそこらへんにいる方が、板野ファンとしては、遠くに行ってしまった感がなくていい。まあ、そんなことより全体の話をしよう。
 

 昨日AKBのメンバーはキャバクラのキャラクターそのものと書いたが、この総選挙は何が雛形なのかなってね。ひとりひとり順位を決めて、白黒はっきりさせるやり方は大相撲の番付にそっくりだよね。あの前田の誇らしげに、うっとりと椅子に座る姿。まさに女王の椅子だ。相撲で言ったら、西の正横綱の土俵入りそのものだ。さしづめ神セブンが大関、関脇、小結などの3役、ベスト21までが幕内、それ以下は十両や幕下。大阪や名古屋という地方巡業も盛んだし、ほんと大相撲だわ。大相撲で言わせてもらえば、八百長問題が話題となったが、AKBは八百長はやり放題。買占めや組織票もオーケーしてるから、逆に面白い。

今どきの娘たちに、お前は何位でランクはこれだぞって、はっきりと順番をつけるのって、凄く興奮するよね。その数字が絶対的な評価なんだから。しかも人前でやられて、一喜一憂しまくるさ。涙はタダで溢れてくる。素材として無茶苦茶美味しい。

芸能界って楽屋の大きさや、紅白の歌う順番、弁当の大きさ、どっちが挨拶に行くかなどで、順位というか、どっちが偉いかってなんとなく決まってた、それが全て数値化したことが凄いよね。その中で起きる人間関係、涙と汗。リアルブラックスワンって言うのか。波紋と憶測とそして友情、筋書き入れなくても立派なドラマできるもんな。この投票ゲーム考えた人は、ほんと素晴らしいよね。東南アジアからの取材が沢山武道館に来てたけど、このビジネスモデルに関心ありまくりでしょう。

大相撲では横綱になったら、ご褒美は山ほどの懸賞に名誉。風呂だってゆっくり入って、金玉洗ってもらえるんだ。別に自分で洗ってもいいけど。その点、AKBの1位のご褒美って、センター写真のみって、これはスポンサーサイドから見れば、全く金のかからないプライドと見栄のみ。出費しなくていいもん、そりゃ儲かるわ。価値のありそうで、実はその世界でしか通用しない価値がご褒美って、今どき漫才でも優勝したら1000万円くれるのに。AKBのコ達は素直だから、金せびらなくてほんと助かるわ。

今後の展開は?そりゃね、このビジネスモデルの普及でしょう。是非宝塚歌劇団で、総選挙をしましょうよ。それでリーダーを決めるの。しかも、パトロンや評論家の票も入れて、なんでもありの掟破り。あ~たまらん。それは現実に無理なんで、誰か漫画描いてくんないですかねえ、「もし宝塚歌劇団が、総選挙をやったら?」っていうの。タイトルだけで興奮します。

とまあいろいろ書きましたが、メルマガでは、さらに奥深い面白いことを書いております。メルマガって、私信扱い。つまり手紙と一緒なんだって。だから手紙なんだからさ、そりゃ、あることないこと好きに書けますよね。

次回は6月13日、配信です。興味のある方はどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 9日 (木)

ブログ更新。AKB48総選挙は、18時から日本武道館で発表だ。結果が楽しみ。まあAKB48の仕組みとしては、よく考え抜いたキャバクラだよなという話です。

AKB48総選挙は、18時から日本武道館で発表だ。結果が楽しみ。まあAKB48の仕組みとしては、よく考え抜いたキャバクラだよなという話です。

AKB48の総選挙の今までの順位や、今日の順位予想を見るにつけ、大型キャバクラ店の人気嬢の順位と酷似しているんだよなってつくづく思う。俺の友達が大きな有名キャバクラに行った時、たいして可愛くないコばっかりなので思わず「なんだよ、この店、ブスばっかじゃん。ねえここのナンバーワン呼んでよ」と、隣のキャバ嬢に言ったら、そのキャバ嬢が、つつましやかに「あの~私なんですけど」と、言ったとさ。これに気まずいものを感じた友達は、「あ~そうなの。良かったよ~指名代が浮いて」と、照れ隠しをしたそうだ。

ようするに2トップの前田と大島って、キャバクラ的に言わせれば、元気いっぱいの友達ノリの営業センスで戦うタイプで、決して口説きたいと思うタイプではない。学級委員タイプっていうの?男子に対しても、堂々と意見を言って、みんなのまとめ役になる。人間的に魅力あるといえばいいのか。キャバクラもナンバーワンクラスのコを店で呼ぶと、さぞ美人かと思いきや、わりと普通なんだよね。そのくせ会話は面白いし、何事もソツがないし、接待とかで使ったら、すこぶる満足されるタイプ。フォローも完璧だしね。

一方板野や篠田といった、おやじ秒殺路線は、個人的にはこれがナンバーワンクラスだと思うんだが、トップテンは果たすが、票は伸びない。これもキャバクラでは、一部の熱狂的なファンに人気であるが、まんべんなくって言うと甚だ疑問だ。そこらへんには大分温度差がある。多分、みんな口説くならこっちと思うんだけど、板野が本当に相手してくれるかは、限りなくゼロに近いって、当たり前だろ。妄想するにはいいが、その刺激的な小悪魔的魅力で、賛否両論に別れる。その点、前田、大島あたりは、絶対外さない接待してくれると思うから、安定しているのだ。

そうやってAKBキャラクターで遊んでいると、あれ、あの座席のすみっこに、隠れてる美少女は誰だ?って存在がいるでしょ。あたかも自分だけが見つけたような錯覚させるキャラがね。それが柏木やまゆゆなわけで、キャバクラで言うと、「きみこんなに可愛いのに、どうして順位低いの?」と聞いてしまう。すると「まだ新人で、先輩の営業とか見てると、ちょっとついて行けなくて~総選挙自信ないんです~」とか言いそう。すると客はバカだから「分かった、俺が見つけたコなんだ、将来のナンバーワンだ。しっかりフォローさせてもらうぜ」と、鼻息荒くなるわけだ。

 この配分は狙ったもんではなかろう。キャバクラだって、いちいちキャラを考えて、入店させてないから。となると、相互の人間関係で、自然とみんな役割に目覚め、無意識にポジションを取っているんだよなあ。巨大なキャバクラとなったAKB48、秋元さんはウハウハだろうな。

キャバ嬢と結婚した客は、絶対性懲りもせずに、またキャバクラに行く。キャバクラに卒業はないのだ。秋元さんも、元おニャン子を嫁にもらっても、また美少女グループを結成させている。あまりにも有名になったからできないけど、心の奥底ではAKBから新しく誰か嫁にもらったら、幸せだろうなあ、それぐらいは妄想してんじゃないか。

というわけで、こんだけCD売れるなら、映画にも投票用紙つければ良かったんじゃないの?と思う反面、どこぞにうず高く積んであるCD部屋があるという都市伝説もあるぞ。そこんとこは、メルマガで詳しくレポートだ。

映画のメルマガですが、最近は面白コラムを数本書いてます。興味のある方はどうぞ。コラムを書くようになって、読者も増えだしました。お金を払うメルマガ読者には、その分、読み応えのある深い話を追加してお送りしてます。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 8日 (水)

ブログ更新です。MUのルーニーいよいよ、植毛か~。実は俺もやってんだけど。もはや芸能界は植毛だらけ、さあ今こそ、声を大にして植毛を語ろうじゃないかって無理だよね(笑)。

MUのルーニーいよいよ、植毛か~。実は俺もやってんだけど。もはや芸能界は植毛だらけ、さあ今こそ、声を大にして植毛を語ろうじゃないかって無理だよね(笑)。

マンチェスターユナイテッドのFWのウェイン・ルーニーがなんと植毛をしたとカミングアウトし、しかも手術前と後の写真を公開した。ルーニーは25歳ながら、鶴瓶さんタイプのM字系のハゲ。そのMの侵食部分を見事カバーして、写真ではうっすらと黒く見える。今後の髪の増え方が見ものだが、今回はその植毛事情に関していろいろ述べたい。

 何を隠そうって、全然隠してないんだけど、自分も髪の毛を植える植毛を体験取材したクチで、今でも額の部分は、首筋から植えた毛で覆われている。だからルーニーの写真を見せられて、あ~こいつ嘘偽りなく植毛したって、すぐ分かったもの。

そもそも植毛とは自分の髪の毛を、根っこごと抜いて、それを自分の皮膚に植え替えると、あら不思議、そこからちゃんと毛が生えてくるではないか。あくまで自分の髪の毛であるのが大事で、他人の毛だと、やはり拒絶反応をしたり枯れたりと、よろしくないようだ。理論的には自分の毛なら、髪の毛を腕に植えても生えてくる。陰毛でも大丈夫だけど、あの毛はね、ちょっと限度ありますね。

手術は、たいがい後頭部の余分な毛を植え直すんだが、だから、もともと後頭部にも毛がない人は、カバーする範囲が多くて、物理的に無理。だから植毛は、まるっきりハゲには向いてない。昔は皮膚ごと切ってインディアンみたいに皮をそがれんだけど、今は技術が発達して皮膚を切らなくてもイケる。その毛根のついた毛を1本づつ抜いて、さらにそれを1本ごと植えるという細かい作業をする。

毛根の先に、根のような白いぐじゅぐじゅした毛根があるでしょう。あれがあれば、植えたら再生する。生えてくる確率は、9割ぐらいか。手術の時は、毛を短くして髭のような長さにして移植する。植えるのは、もちろん麻酔をして、シャープペンのでかいような植えるマシンがあり、わりとプツプツ手際よく植える。植えた毛は、いったん抜けて半年後くらいから、改めて生えてくる。だからルーニーが、生えるの楽しみと言ってたコメントは間違ってない。

植える分量だが、だいたい眉毛2本分で50万円ほど。ルーニーが130万円ぐらいかかったと言ってたのは、分量で言えば、通常の2倍かな。写真でみる限り、あの量は適切である。ただ私の場合は、3回に分けてしてもらったので、ルーニーの1回であの量は、相当頑張った手術をしたんではないか。生活は術後3日ほど、頭に包帯をまくが、入院する必要はない。その後は全く、傷跡もなく、日常の生活を送れるが、サッカー選手はどうなんでしょうか。そもそも髪の毛が生えたからって、きついヘディングしたらもう、アウトでしょ。ただでさえ、ヘディングでハゲになる人が増えているのに、そんなことを考えてないのか。試合途中に、ずるっと剥けて、プレデターにならないことを祈るばかりだ、ヴォォホォホォ~。

 理想は選手引退してからだと思うよ。そもそも、世界で一番植毛に向いてないのが、現役のサッカー選手だと思うんだけど。でもルーニー若いから、あと10年現役かあ。そこまで待てなかったんだね。

というわけで植毛は、今やハリウッドセレブや日本の芸能人もこぞって愛用している。あの国民的司会者とか、大河ドラマで活躍したイケメン俳優とかさ、え~あの人がと、驚くほどが植毛愛用者だ。おっと、あんまり公に書くと問題あるので、詳しくはメルマガ見てね。

とまあそんなことを、映画のメルマガですが、つらつらとコラムを沢山書いてます。興味のあるかたはどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

ブログ更新。山口もえさんの夫。キャバクラの無許可営業で逮捕なんだけど、ほんと巧妙すぎる、西麻布のいまどきのキャバクラは。

山口もえさんの夫。キャバクラの無許可営業で逮捕なんだけど、ほんと巧妙すぎる、西麻布のいまどきのキャバクラは。

あのおっとり美女タレントの山口もえさんの、ダンナさんが、キャバクラを無許可で運営してたなんてね。多分あの天然キャラなら事件発覚までは、夫がキャバクラをやってたなんて、全く知らなかったと思う。なんでかって?、今どきのキャバクラは、見た目はただのラウンジやレストランにしか見えないから。そういう風潮が西麻布界隈にあったのだ。

 事件の発端となった店はBirth NISHIAZABU(バース西麻布)という。この店のホームページを見ても分かるように、どっからどう見てもただのレストラン。この店に直接行ったことはないが、以前この場所にあったレストランには行ったことがある。それは立派な隠れ家的な、いかにも西麻布って感じのレストランだった。特徴はエントランスが長く、敵の侵入を防ぎやすいって、いつの時代かよ。しかし、警察の内偵を受けにくいのは確かだ。

 内部は、完全なレストランのテーブルであり、ここのどこでキャバクラ営業が行われるのとかと、誰もが何も知らずに食事をしたことだろう。けど別室のラウンジや、会員制の個室もあり、はは~んなるほどね。こういう別メニューでやる方式なのねと。このレストラン分離方式は、わりと古典的な方法で10年も前には、星条旗通りに有名レストランが、キャバクラをやりだしたって話題になったものだ。そこは今ないけど。

 だから通常は、カップルや女性同士が、にこやかな会食を楽しみつつも、メンバーサロンに男が飲みに行くや、なんと傍らに、美女が同席してくれるってわけ。これっていいよね。なんかデキる男の週末にありがちな光景でさ、どこが(笑)

 そもそも西麻布は、六本木に対抗して落ち着いたスノッブな街として注目されてきたが、風営法の対象地域じゃないので、キャバクラの営業はご法度だ。ゆえに会員制にして、血管認証などしてセキュリティを高め、こっそり営業してる店が多数あった。そういうセキュリティが厳しいほど、警察の目をかいくぐりやすいと踏んだからだ。ゆえに大手キャバクラチェーンが、ガールズバーを運営したり、大手のデペロッパーグループが、会員制ラウンジを運営したりと、ほとんどキャバクラ化した街になっていた。

この摘発の背後には、やはり海老蔵さんの事件が起きた、あのビルのラインがある。あそこから幾多の逮捕者が出て、その関連で、スピンアウトして、今回のお店も、上げられたって言うのが本音だろう。もえちゃんのダンナさんは、そもそも怖い不良グループとは直接関係なく、むしろIT系に近い人だったんだけど、関連あるってなると、今後捜査に広がりを見せるのか?まあそれだけ、最近警察は本腰で、西麻布の違法キャバクラを壊滅させようとしているようだ。

 今回のもえちゃんのダンナさんの尾関茂雄さんの容疑は、実質経営者で月300~400万円の家賃を店から受け取っていたからという。これが違法なのか、どうかは知らないが、直接店で仕事をやってたわけじゃないから、奥さんは逮捕の瞬間まで知らなかったと思うし、案外今でも、夫を信ずるわ~。みんな誤解してるのよ~と、未だ夢の途中だったりして。天然って幸せかもね、自己防御の最大の武器だよなあ。

とかね、こんなお話をメルマガで沢山書いてます。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 7日 (火)

ブログ更新です。ユニクロで6月からアメックスカードが使えないとは。多分手数料問題なのかな。いっそ各クレジットカードの手数料を、暴露してみるか?

ユニクロで6月からアメックスカードが使えないとは。多分手数料問題なのかな。いっそ各クレジットカードの手数料を、暴露してみるか?

 この前、ユニクロにソックスを買いに行ったら、レジの前にでっかく、6月からアメックスカードが使えませんって、これ見よがしに書いてあった。これは、ちょっと違和感あるよね。どう見ても、喧嘩したんだろうなあって。そこまででっかく嫌がらせのように表記することはないと思うよ。喧嘩の原因?そりゃ手数料でしょ。本当のところは分かりませんが、多分そこらへんの折り合いがつかず、決裂したと見るのが正しい見方だと思うけど。

で、話したいのは、クジットカードの手数料のことですよ。これはカード会社によって、あるいは契約によって驚くほど違ってくる。

私が知ってるのは、数年前の話だが、多分基本は今でも変わってないと思うが、ビザとマスターは、基本2%である。これは、アメリカの本部に納める金額の比率である。ところが、日本は不思議なシステムがあり、加盟店に仲介業者が手数料を上乗せしてくる。しかも、その上乗せする金額は、好きに決められるし、業種によっても違ってくる。
 
 通常国内の物販だと、上乗せしたトータルで、ビザやマスターは売り上げの3%台。JCB、ダイナース、アメックスが高くて3~5%と言われている。その中でも一番高い部類に入るのがアメックス。さらに飲食店、しかもキャバクラなどの水商売でアメックスとなると、7~8%なんてとこもある。これはいったいどうなってるの?ユニクロじゃないが、いい加減にしろと思いたくなるというものだ。

 では手数料上乗せというのはどうなっているのか。日本の場合、カード会社本部と加盟店の間に、代理店や組合という仲介業者、団体が介在して、加盟店を束ねている。その束ねている組織の、大きさや運営方針、あるいは、加盟店の信用度、例えばオープン間もない店は、経営が不安定だから、手数料比率を沢山上乗せするとかね。そうやって手数料が決まるのだ。

 じゃこの上乗せした手数料はどうなるのかっていうと、その団体の必要経費を抜いて、丸ごと利益になる。

 そこで手数料の高い水商売では、陰のサイドビジネスが、この手数料屋さんとなる。どこかの街、例えば銀座や新宿、六本木などには、社交飲食店組合なるものが存在する。それがだいたいカード決済の代理店をやっている。母体は、その地域の有名水商売のオーナー連中が多い。建前上は組合だが、年間売り上げ数億円の店が、100件とかあってみなさい。それだけで300億円ぐらいの売り上げとなる、その売り上げに2%上乗せしてみい、だまってても、何もせずに純利益が6億円ですぜ。こりゃたまらんとなるわけですよ。

 まあたいがい組合方式で、個人の利益を独占できないが、けど限られた数社、数名がその手数料上乗せの恩恵を受けることができるのだ。これは代理店や委託業者がぼろ儲けしているのを見て、自らがその利益を得ようと画策した結果、組合にして、自ら代理店もどきを作ってしまったということだろう。

都内の飲食店組合の、ビザ、マスターズの上乗せしての手数料は3.5%~4%台が標準で、誤差も当然ある。でも親分に上納金を取られても、3.5%で契約できたら、店は万々歳だ。だって新規で、コネもなくて、仲介業者に頼むと、7~8%ぐらい取られる。それは暴利だ。でもそれは仲介業者とて、新規の店は支払える保証がないから、それぐらい余分にお金を取っておかないと、もし店がすぐに潰れたら、とんでもないことになるからね。

だから水商売の一部では、現金客に比べ、カード払いの客は1割アップなんて勝手にやってる店もあったりして、そんだけカード手数料が、怪しい店、新規の店は高いってことだ。

じゃアメックスはなんで手数料が高いのか?それはブランド価値もあるし、自ら直接契約する方式を取る場合も多いし、しかも、CATカード決済機を、他社に委託してって、あ~もっと美味しいとこを書きたいが、続きはメルマガでも読んでくだされ。

映画のメルマガですが、面白コラムを連日掲載してます。一ヶ月無料です。サンプルはこちら。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 5日 (日)

ブログ更新です。 町山智浩氏VSもしドラ映画。第二ラウンド。

町山智浩氏VSもしドラ映画。第二ラウンド。

 映画評論家の町山氏が、もしドラの映画をゴミ扱いして、ホットな論戦となったが、もしドラの監督が意見を言って、終息に向かいつつあるとき、今度は原作の岩崎さんの事務所の社長吉田さんが、意見を述べて来た。吉田さんは、元フジテレビの人で、今は大手芸能プロダクションの会長であり、まあ子供の喧嘩に親が出て来たって感じか。

 一連のやり取りは大人同士なので、わりと冷静で、お互いなんぼ、被災地に寄付したんだみたいなとこまで言い合ったが、結局は平行線だった。町山氏は、映画を見てないことは侘びつつ、ゴミ扱いは、そういう映画の製作や宣伝の手法に対して言ってるのであって譲る気はないと。

 結局、改めて映画を見る機会があれば見て、またその時、何か語るってことで、もの別れだった。

 おそらく多くの人が、このやりとりを見て、2chでも盛り上がっていたから、ほかでも飛び火して見てた人が多かったが、個人的に言わせてもらえば、ツイッターって、恐ろしくエネルギーを大量消費するなあって思ったのが正直な感想。だいたい双方ノーギャラだからね。

タダで言葉のバトルを見学するのは確かに野次馬的には面白い。さすれば、お互い認知度も上がり、フォロワーも増え、ファンも増えることとなる。ツイッターのバトルや炎上で人気を呼ぶなら、さしずめローマ時代のコロッセウムと同じ構造じゃん。剣闘士がキーボードで戦って行く姿を、フォロワーが楽しむわけでしょ。

 そういうのを生業として行かねばならない世の中になったというのもねえ。もともと原稿を書くと、お金を貰えた生活を30年もやってる身としては、しんどいです。

一部の音楽系や芸術系の人のつぶやきは安全地帯だが、論壇系、出版系の人は、論じて相手を論破してなんぼでしょう。ほんと大変な時代になったと思います。朝まで生テレビのツイッター版が、各地で起きてるわけなんでしょ。

自分としては、そういうのは極力避けてのんびりと生きてたいが、それじゃ誰も読んでくれないしと、自分のなかでも、どうしていいか分からない。けど一応平和主義者だと思っている。

よく分かったのは、町山さんは、そういうことに慣れているってことだな。そういう意味で、彼は時代の申し子なんだろう。この先、新しい価値観やビジネスが生まれてくるかも知れないというか、それをみんな期待してツイッターやってるんだけど。やはり勝ち組となれる人は、ごく少数で、相当な数の人を論破しないとダメだ。あ~ここでも、俺は乗り遅れたって人が、ほとんどだろうな。いちいち、つぶやきで絡まれて、答えてらんないものね。

個人的体験でいうと、リピートが100近くに増え、フォロワーが50、100といっきに増える発言をしたとすると、5~6人は必ずいちゃもんをつけてくる。だから細かいことを気にする人は、ツイッターに向いてない。全て全員に気に入られる意見って、滅多にないってことだ。だからストレスを溜め込む人は、ツイッターで大胆な意見を発することに向いてない。実はこれは当たり前の世界で、今まではリアルな反応がない世界だった。紙媒体だったから、読んだ側の反論が、半ば封殺されていたのだ。

 このリアル返答、反論時代に生き残る人って、面の皮が厚い人なんだろうな。自分は頑張っているが、向いてないのは百も承知だ。
 

とまあこんなことも書いてるメルマガやってます。
映画のメルマガですが、実際はいろんなものが7~8本入ってます。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 4日 (土)

ブログ更新。映画評論家町山智浩氏、ツイッターで映画「もしドラ」を、見ずに酷評。それに映画監督本人がやんわり問いただす。その結末と、いろいろ考えさせられることなど。

映画評論家町山智浩氏、ツイッターで映画「もしドラ」を、見ずに酷評。それに映画監督本人がやんわり問いただす。その結末と、いろいろ考えさせられることなど。

 ツイッターや2chで探せば分かるが、映画評論家の町山智浩氏が、映画版「もしドラ」の試写を見ないのに、ゴミ映画呼ばわりして、こんな映画を作る金あるなら、被災地に寄付しろと、大胆な主旨の発言をした。それに対して「もしドラ」の監督本人が町山氏に、ツイッターで問いただした。普通、言われた監督本人だったら、「てめえ、映画見てからもの言え、バカヤロー」とか「ちょっと事務所まで来てもらえませんか」ぐらい言うだろうと予測したんだが、その大人の返信ぶりが凄い。略すると
「映画はご覧になっていただけたということでしょうか」と質問しながらも、「尊敬する町山さんに、もしも見ずに書かれたとすると辛いですね」と相手の弱いとこを見事についてきた。

 まさか監督本人から返信来ると思わなかった町山氏は、素直に非を認め、「映画を見てから評価すべきでした」と、とりあえずその問題は終息した。

 この一連の騒動で、私の映画のお話を書いてる身として、いろいろ考えさせられたので、ちょろっと書いて見たい。まず「もしドラ」を含む、映画評論について。

 NHKのアニメ版、もしドラは見ていて、決して作りがいい作品ではないが、妙に引っ張るパワーみたいなのを感じ、7割がた視聴してしまった。最後になって、ドラッガーじゃない部分で、試合に勝って行くのはどうかと思ったが、まあこれもご愛嬌ということで。自分としては許せるというか、好きな世界観の作品に見えた。

 けど辛口で有名な町山氏は、こういうヌルそうな映画は一刀両断ということにしたかったのかも知れない。私も映画は見てないので、それは、皆さん見てのお楽しみで、それぞれ判断して下され。

 ここで私が言いたいのは、映画の評論っていったい何?ってとこなんですよ。つまり面白くない映画を面白くないと言って、それでいいのか。お金を出す価値がない映画だと言ってしまって、誰が得をするの。ただ不快な思いがするだけじゃないかとね。

 例えば映画評論家が、10本映画を試写で見た。そのうちひどいのが3本あった。だったら、それを紹介しなければいいだけの話ではないか。けど映画配給会社や媒体との絡みがあるから、その3本も紹介しなけばならない。その結果、あんまり面白くないが、出来るだけいいとこを見つけて中途半端な評論となり、結局面白いんだか、面白くないんだか、分からない映画評になるのが常だ。

町山さんのように、本音で語れる人は少ない。それはさっき書いたように、しがらみもあるし、つまんないって書いていいものか悩むからだ。そもそも辛らつなことを書いて、商売が成り立つのかってことも、世に名前出して行かないと相当難しいし、敵も多いだろう。だってグルメ番組で、これ不味いですよって、言わないでしょう。ショーアップされたビジネスでは、ネガティブ情報は不必要なんである。

一方読者だって、週末何にを見ようかなと考えて、ただでさえ見ようと思う映画が多いのに、あえて酷評の記事読んで、なんか役に立つのか?って思う。

映画文化を育てる、批評という意味では、もとろんネガティブ情報やマイナス批評は必要なんだけど、そこらへんのマーケットは少ない。配給会社も、宣伝も雑誌テレビも、そんなマイナス批評を必要としてないからね。

とまあ、映画批評に対しては、未だ答えを見出してないのが現状だ。本音を言えば、年間100本の映画を見て、いいなと思う映画は10本以下。あとはカスだから。でもそれ言っちゃおしまいなわけで、ほんとどうやって、カス映画を面白くデコレートしようか悩んでしまう。でもそれって、読者への裏切りか。けどつまんない映画をつまんないって書いて、誰が喜ぶって、あ~また考えが堂々巡りだ。

そう考えると、淀川長治氏の手法って、映画は全部素晴らしい、必ずどんな映画でも、いいとこがあるってロジックは、オールマイティ、鉄板、大メジャーなんだなあと。
その淀川氏すら、陰では好き嫌いが甚だ激しい人だったらしいし、六本木のホテルに居座って大変だったという話を聞くと、なんだかなあ、みんな大人になれよってことなのか?ただ分かることは、未だ日本映画界批評界では、淀長を越えた人は出て来てないってことだよね。

というわけで、今回の映画評は、「プリンセストヨトミ」とか見てたんだけど、次回に回して、映画評の限界について書いてみた。こんなブログなどを集めたメルマガやってます。分量多いです。気に入ったら見てね。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 3日 (金)

ブログ更新。もし菅総理がキャバ嬢だったら?そりゃ、やらずぼったくりのナンバーワンだろな(笑)というお話。

もし菅総理がキャバ嬢だったら?そりゃ、やらずぼったくりのナンバーワンだろな(笑)というお話。

 例えが悪いが、もし菅総理がキャバクラ嬢だったら、さしずめ鳩山さんは、お人よしのお客さんてことになる。昔からせっせと通っていた鳩山さんは、6月中にやらせてくれるっていうから、ブルガリの時計を菅直子にあげたさ。菅直子も、いいわよ、こんだけしてもらったら、梅雨が明けない前にお泊りしましょうと、話が落ちた。しかし、流石のナンバーワン、時計はもらうだけもらってポケットに入れてしまう。そのくせ、ねえねえ、どうせエッチするなら、梅雨の最中じゃなくて、めでたいお正月にしましょう。そうそう、来年の姫始めを記念日にしましょうなんてぬかしやがって、さすが、人のいい鳩山さんも、目が点だ。どうせ正月になったら、夏のリゾートで泊まろうとか言うんだろ。おろかな鳩山さんでも、そろそろ気づいてきたか、菅直子を嘘つき呼ばわりしたとさ。

 まあキャバクラではよくあるんですが、一国の総理大臣がやらずぼったくりをするなんてね。そういう才能は、アメリカとかに、米兵だけ駐留させて、思いやり予算を出さないとか、そっちで才能を活かして欲しい。

 菅さんって、やや嫌いだったが、今回の茶番劇でますます嫌いになり、嫌いになりすぎて、最近はむしろ尊敬しちゃったりしてる。なんという権力への執着、小沢さんのこと、とことこん嫌いなんだなって。いいもの見せてもらったよね。なんでこんだけ権力に対しては頭が働くのに、震災や原発に対してはおつむが回らないのか、不思議でしょうがない。この人は目の前に生命の危機が来ないと、最大の能力を発揮しないのか?いっそ原発の建屋近くに三日ほど住んでもらって、その帰りに石巻の廃墟なった南浜町で、テント生活でもなさるといい。さすれば、いかに震災処理が大事か分かるし、鳩山・小沢をコケにしたような、誰も考えつかない奇策を編み出すかも知れない。
明日も何が起きるか分からない。政治ってほんと、ほかの事件とか事故とか、社会問題とか、全く関係ないんだな。世界は自分中心に回ってると思ってんだよね。その傲慢が菅さんから、見えるから生理的にダメなんだな。

そんな話をメルマガで書いてます。よろしかったらどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年6月 1日 (水)

デパートが市役所に、田んぼがイオンに、そしてシャッター商店街が廃墟になりつつある石巻。それが日本のローカル都市の現実。

デパートが市役所に、田んぼがイオンに、そしてシャッター商店街が廃墟になりつつある石巻。それが日本のローカル都市の現実。

先日ゴルフ帰りに、柏に寄ったんだけど、「ららぽーと柏の葉」は、ほんとでかかった。昔は三井系のゴルフ場だったのに、今はショッピングモール。しかも周りは高層マンションとか林立して、ひとつの街を形成してる。これどう考えてもゴルフ場を潰して、街を作った方がはるかに儲かるだろう。だいたいゴルフ場の売り上げなんて年間10億円行ったら大成功。普通は6~7億円だ。これがショッピングモールにしただけで、数百億円の売り上げ。プラスマンションの販売で、また数百億円。さらに、毎年入ってくるテナント料や地代が数十億円。辞められませんなあ。そう考えると、都内で残ってるゴルフ場も、案外移転した方が莫大な利益をもたらすんではないかなってね。そんな時期にさしかかってるのではないかと思う今日このごろだ。

というわけで関東近郊の街は、ららぽーととイオンのおかげなのか、みんなそこそこ楽しい消費生活を送れることとなった。マジまじ小遣いくれるなら、ららぽーとに住んでみたいって思ったほどだもの。この郊外のショッピングセンター化は、日本の地方都市全体で起きてる現象で、どの都市も昔の商店街がすたれて、郊外のショッピングモールが栄えて、シャッター通りの商店街は、ますます過疎化の一途を辿る状況となった。

 そしてそのシャッター化に拍車をかけたのが、今回の大震災だった。我が故郷宮城県石巻市は、人口約16万人、商圏人口30万人ほど。一応宮城県下第二の都市ってことで、地方中核都市だ。子供の頃のデパートは地元資本の丸光デパート。これが旧市内の船着場の前にあるという、非常に珍しい建物だった。今はないが、あったら地下1階は水没してたろうなあ。それから昭和50年代は、石巻駅前商店街が隆盛となり、エンドーチェーン、さくら野デパートと進出する。

 しかし、平成に入ってからは、完全にバイパスが人気で、ロードサイドのショッピングセンターがくるまでのお客さんを集客する。その頂点を極めたのが、三陸自動車道の開通だ。インター出口にイオンのショッピングモールができて、全てのお客さんを奪ってしまった。

 駅前にあったさくら野デパートは撤退を余儀なくされて、その建物を壊すと莫大なお金がかかるってことで、なんとそのまま石巻市に寄付した。それで石巻市役所は日本でも珍しい、デパートを使った市庁舎となって、色がカラフルで、ショーウィンドウのある市役所となった。

 それにしても、イオン恐るべしで、大震災で市内のほとんどが被災してるのに、偶然にもイオンのある蛇田地区は、津波の被害にあってない。だからイオンに行くと、そこだけ関東近郊の匂いがして、女子高生も大量に生息している。じゃ旧来の駅前通り商店街はどうかっていうと、むしろ大震災を機に店をたたむとこが続出だ。衰退が滅亡になりつつある。

 これをいったいどうすればいいのか?もう少し書きたいので、続きはメルマガでも読んでくだされ。映画のメルマガだが、6月からコラム満載です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ