最近の記事

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

いよいよ5月2日、月曜配信の大型連載。「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」内容を大胆に公開です。

いよいよ5月2日、月曜配信の大型連載
「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」内容を大胆に公開です。

着々と構成も出来上がり、原稿も執筆中です。その中で、今回はコースマネジメントの肝となる部分を無料で公開します。

 コースマネジメントの実践はえらく簡単で、しかし実はえらく難しいというお話です。それは受け手が意識的に改革しようとするかしないか、その行為を納得し合理的だと思うかによります。

今回のコースマネジメントの教義は、至極簡単です。「ドライバーを打つときはグリップを短く、人差し指1本残すぐらいで握るがよろしい」

 えらい簡単ですな。ほな、やりまひょか、なんかあまり飛ばない気がしますが、そうやれというなら、そう打ちます。ばし~ん。当たりましたよ、後何かやるべきことはありますか?でも、たったこれだけの教えに、お金払う気はしません、というのが正直な感想でしょう。多分、こいつ何を言ってんだと思って、去って行くんではないですか。私も最初そうでした。

 そして後日、もう1週間も経たないうちにラウンドがやって来て、まあ最初は気分的に、ちょい短めにグリップを握ったりもしますが、ドラコンホールが来た時には、短く握れなんて言葉はすっかり忘れて、目一杯クラブを長く持ってバシ~ンとまん振りです。しかも、たまたま当たったりするもんだから、短く持てなんて言葉は、もう銀河の彼方に飛んで行ってしまいます。

私が実際にドライバーを短く持ち出したのは、そう教わって2年ぐらい経ってからです。その間プチスランプに陥り、試しに短く持ったら、結構当たるようになり、それからですね。しかも納得する理由が見出されて、あ~こういう考えだったのかと妙に納得し、以後、ウッドのグリップは短めに握るとなった次第です。

じゃあ、その納得材料とは何か、それは明日お答えしましょう。明日も無料でコースマネジメントお届けします。ネタはいっぱいありますからね。

というわけで、キムラ映画のメルマガにお邪魔して始めた「ゴルフマネジメント」、興味のある方はサンプルをどうぞ。メルマガは1ヶ月無料です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年4月29日 (金)

大型新連載開始。第二のもしドラ?「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」を紹介します。

大型新連載開始
第二のもしドラ?
「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」を紹介します。

 まぐまぐの「キムラ映画」というメルマガを毎週月曜に配信してますが、一部コンテンツを増大し、新たにゴルフの連載を加えます。それが目からウロコの新企画でタイトルも今風でオシャレ。じゃ~ん。

「コースマネジメント・もしドライバーが当たらなかったら?」です。

 どうです。いかにもベストセラーを狙えそうで素敵でしょう。けど内容は大マジメ。しかも構想は1年も前から練ってましたので、どっかの真似っこではありません。むしろこちらがオリジナルなくらいです。そこまで言うか。

内容はというと、まずはタイトル通り、もしドライバーの調子が悪くて、OBを打ったとします。そこから問題を出します。さあ、あなたは暫定球をどのクラブで打ちますか。フェアウエーの広さなどにもよりますが、タイトなコースだったら、同じクラブは使いませんね。
 私はスプーンを使います。
 そういうと必ず、
「スプーンは滅多に使わないから、自信ないですわ。どうせあっちゃこっちゃ飛ぶから、だったらドライバーがいい」
とね。じゃあえて言いますが。
「なんであっちゃこっちゃ飛ぶ使わないクラブをキャディバッグに入れてるの。代わりに60度のサンドでも入れた方が100倍スコアがまとまりますよ」
とね。滅多使わない、使っても曲がるクラブは最初から入れない。この方がスコアアップしていくんですよ。

 ほかに、例えば40ヤードのバンカーショットだったら何で打つか。普通はサンドでマン振りとかいうが、私はアプローチウエッジで軽くひょいと出す。とまあ、あくまで自己流ですが目からウロコのことが沢山出て来ます。

 コースマネジメントを覚えたら、必ずやダボゴルファーは、スコア10はアップします。 ゴルフは700円のボールを打って平気で池ポチャをするゲーム。月額800円のメルマガでスコアアップなんて、絶対安い買い物ですよ~。半年で効果出ますから。

もし興味が沸いたかたは是非、サンプル画面を見てください。詳しく載ってます。

メルマガは一ヶ月無料です。キムラ映画のメルマガから覗いて下さい。映画のメルマガですが、5月からは、ゴルフの記事が必ず入ってますから。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年4月24日 (日)

【キムラ映画アンドエンタ】明日配信、GW特大号メニューです。

【キムラ映画アンドエンタ】
・4月25日配信メニュー

 大幅増大コンテンツ特大号。

5月より、大幅にコンテンツを増やします。その第一陣として、ライトノベル2本増加。映画レヴューも新企画で参ります。

○映画レヴュー
「ブラック・スワン」(5月13日公開)
ナタリーポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。白鳥を演じられても、邪悪な黒鳥を演じられないニナ(ナタリー・ポートマン)、そのプレッシャーに打ち勝てるのか?
 レヴューでは、映画にちなみ、ブラックレヴューとホワイトレヴューのふたつに分けてお送りします。

「ガリバー旅行記」(公開中)
「スクール・オブ・ロック」でお馴染みのジャック・ブラックの愛嬌あるデブ姿が、リリパット王国で大暴れ。これは誰にでも愛される映画です、決してオスカーは撮りませんが、非常に面白い。偉大なるB級映画ってことで。

「おっぱいバレー」(人気DVD)
何も語るまい。読んで字のごとし。綾瀬はるか主演だけで、もはや見るしかないでしょう。実は心温まる話です。

○ライトノベル
「アイランド」
新連載開始。1982年、あの頃、君は燃えていたか~
伝説のナンパアイランド新島に立ち向かう、3人の色白き勇者の物語。筆者の自伝的お話が、笑いと涙を誘います。

「ぽれぽれ」(寄本好則・著)
本企画の共同運営者の寄本氏の、書き下ろしノベル。テーマは原発や環境問題を分かりやすく、軽めのルポ形式でお送りします。
今回は、電子書籍になる過程や苦労話を。プロローグ的に書いてみます。  

・そして絶好調
「自ら進運を開拓せよ」
4章、死の宣告

いよいよ父親の病名が明らかに。順風満帆だった一家が崩壊してゆく。高校2年の主人公に何ができるのか。

以上、たっぷり書きましたので、お楽しみください。

興味のあるかたは、サンプル画面がありますので、どうぞ。

 http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年4月18日 (月)

キムラ映画、本日(4月18日)配信。メニュー公開です。

キムラ映画、4月18日配信

(一部メニューが先週のタイトルで配信されてますが、それは間違いです。訂正してお詫びします。

誤 キラー・インサイド・ミー
正 抱きたいカンケイ

◇◆◇ メニュー ◇◆◇

【1】公開直前先取り館●「抱きたいカンケイ」
オスカー受賞で勢いに乗る、ナタリー・ポートマン主演のラブコメ。エッチから始まる関係ってありという話だが、案外まじめな恋愛話ですね。

【2】新作DVDレビュー●「BECK」
あの天才的ボーカリストのコユキ、映画ではその声を無音で表現。それをどう見るか、意見が分かれるところですね。

【3】ライトノベル●「自ら進運を開拓すべし」第3章
いよいよ、楽しい高校生活に、大きな変化が。

【4】新作映画、もう一発!●「SOMEWHERE」
ソフィア・コッポラって、やっぱりファザコンなんだなあと。父との思い出をイメージして作った映画のわりには、父はイケメン俳優なんだよね。これがおかしい。

興味のある方はこちら、サンプル画面です。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年4月10日 (日)

メニューだけでも面白い。キムラ映画プラスエンタ、 4月11日配信メニュー

キムラ映画プラスエンタ、 4月11日配信メニュー

 大震災からはや一ヶ月。表面上はだいぶ落ち着いて来ましたが、地元石巻は、これからが本格復興です。むしろこの先何年かかるか分からない長い戦いに突入したって感じです。また地元に戻ります。その時は、何か報告できればと思っております。

 そんなわけで、石巻復興応援企画のライトノベル、「自ら進運を開拓せよ」の2章が、月曜配信です。

 そもそもこのタイトルなんですが、なんと我が母校石巻高校の校訓なんですね。ちょっとクラーク博士の「少年よ大志を抱け」に似てますが、私はそのいいつけを守り、自ら進運を開拓して参りましたよ。

お話は、まだのどかな石巻高校の花見の話。これが高校とは思えないおふざけ満開で、しかも大人に混じって、大ウケなんですよ。とくとご覧アレ。もちろんその後、話は急展開しますから、嵐の前のおおはしゃぎってとこでしょうか。

 順番が逆になりましたが、映画レビュー。
 まずは新作映画の「キラー・インサイド・ミー」(4月16日公開)。これはノワール小説の名手、ジム・トンプソンの原作「おのれの中の殺し屋」を映画化したものです。ノワールとは黒い色のことを指して、別名暗黒小説なんて言われてます。もうそれだけで凄そう、ぞくぞくしますね。

 続いて先週公開の新作映画の「SOMEWHERE」。ソフィア・コッポラが描く父へのオマージュという内容の映画なんですが、じゃ映画監督が出るのかと思いきや、イケメン俳優が主人公です。ソフィアは、父フランシス・フォード・コッポラを美化しすぎなんだよね。そんなお話などを。

最後はガッキーの魅力満載の「ハナミズキ」。IQがすこぶる高いガッキーが、地元のクルクルパーの水産高校生と純愛をする。まあ高校時代は、それでもいいけど、それが紆余曲折を経て結構続く。これは水産高校生への応援かなのか。でも最後は、じんわりきますから、なかなかいい映画かなと。

以上、強力4本建てでお送りしました。

ようやくコンテンツも、表現も固まって来ました。今からますます面白くします。期待して下さい。

興味のあるかたはこちらのサンプルをどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

2011年4月 3日 (日)

明日配信のメルマガ、キムラ映画のサンプルできました。

明日配信のメルマガ、キムラ映画のサンプルができました。

ネット上では、明日反映しますが、ここでひと足先に公開します。

4月からプチリニュアルでパワーアップ。是非ご覧下さい。

本当のサンプルサイトはここです。

http://www.mag2.com/m/0001253754.html

キムラ映画プラスエンタ  No.000【SAMPLE】
《木村和久書き下ろし! 読んで楽しい映画とエンタの数々》

◇◆◇ メニュー ◇◆◇

【1】創刊にあたっての、ご挨拶
【2】最近の映画メニュー
【3】サンプル。自ら進運を開拓せよ(ありし日の石巻。1976)

--------------------

キムラ映画 Twitter アカウント= kimura_eiga
木村和久  Twitter アカウント= kimura_kazuhisa
----------------------
【1】創刊にあたっての、ご挨拶

創刊をして一ヶ月が経ちました。いろいいろ試行錯誤中ですが、ひとつの答えがでました。4月からプチリニュアルし、ライトノベルを加えてパワーアップします。

 映画レヴューですが、4月からよりディープに面白くします。サンプルで、内容を紹介するのは辞めました。そんなとこで出せない内容があるからです。そもそもそれで、固定イメージをもたれるし、自分のペンが鈍りもします。そんなわけでタイトルのみ、中は覗いてみてのお楽しみです。ある方向に考え方が流れます。一ヶ月無料ですから、そこで試し読みしてください。

加えてライトノベルを新たに2本発表して行きます。双方毎週というわけには行きませんが、多分交互になるのか、どっちか続けていくのか検討中です。舞台は故郷の石巻ですが大震災なのに、そんな話を書いて不謹慎とか、便乗してるんじゃないと思われますが、決してそうではありません。2つの作品の構想は大震災前ですし、去年から書き出しを開始してます。誤解のないように。

ライトノベルのタイトルは
「自ら進運を開拓せよ」(ありし日の石巻、1976)

「マイシネマパラダイス」

の2本です。期待してください。

【2】最近の映画のメニュー
■□■ 3月28日配信メニュー ■□■
【新作映画】オリラジが100年の時を隔ててW主役「津軽百年食堂」
【話題DVD】「インセプション」「告白」「トイストーリー3」
■□■ 4月4日配信メニュー■□■
【新作映画】「ブルーバレンタイン」(4月23日公開)
【新作DVD】「インシテミル」【話題DVD】「バイオハザードⅣアフターライフ」「アイアンマン2」「魔法使いの弟子」など。
加えてライトノベル「自ら進運を開拓せよ」連載開始です。

【3】サンプル。自ら進運を開拓せよ。

これは自伝的な1976年の石巻のお話です。最初は軽く楽しい世界ですが、次第に悩み多き深遠な世界に入って行きます。高校2年に耐えられるのか?いや耐えねばならないという、青春物語です。

抜粋ということで、雰囲気だけお楽しみください。
中村雅俊氏のくだりは、リアル体験です。

----------------------

 ミキオが見せびらかしていたのは、ちょっとエッチな女性週刊誌「微笑」だった。なんだよ、どうせ夫婦愛歓術とかだろと思ったが、その記事を見せられて唖然というか、呆然自失。表紙にでっかく書かれたのタイトルはこうだ
「中村雅俊と五十嵐淳子の噂の愛が急進展!!」
いやすげえ、びっくりマークが2つだから。そこじゃない、何がって全てが凄すぎて脳天直撃、泡が吹きそうだった。

 何故我々が衝撃を受けているかというと、中村雅俊は、この石巻高校の卒業生、大先輩なのである。中学校は隣町の女川。女川にも親戚がいるから、中村雅俊の生い立ちも、みんな知っている。さしてうちらと変わらぬというか、まんま同じ環境で育った、そこらへんの兄ちゃんが、今やテレビの青春スターだ。

 中村雅俊の1976年というのは、「われら青春」でデビューしてから、最大のヒットとなる「俺たちの旅」のオンエアの真っ只中、最近で言ったら「龍馬伝」の福山雅治ぐらいの存在だった。それをもちろん誇らしく思うのは当然だが、なんでこんなクソ田舎で育って、そうゆう雲の上の存在になれるのか、不思議でしょうがなかった。しかも中村雅俊って、バスケットをやってて、身長は高かったが、特別に2枚目って顔じゃない。中村雅俊の時代の卒業写真を見せてもらったことがあるが、坊主頭のいがぐり小僧で、その卒業写真を見せてくれたおっさんの方がはるかにハンサムだった。しかも、母子家庭なのに、慶応大学に入れる学力と財力があったのも驚きだ。逆に考えれば、俺たちも慶応大学に入って、文学座を目指せば、可能性がないわけではないと、多分多くの同級生がおぼろげに思っていたはず。ここまでは、同じ状況なわけだから。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ