最近の記事

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

キムラ総研、メルマガ 本日配信。メニューです。

ナイナイ岡村がチリ炭坑救出をパロディしながら『めちゃいけ』復帰。
何があったかはまだ闇の中、だけどね。

メルマガ『キムラ総研』好評配信中。
キャバクラ、ゴルフにツイッター。芸能ニュースの面白解釈。
ベテランコラムニストならではの視点でぶちまける
大人のための情報収集メルマガなのだ!
今週は、連載エッセー『我が青春のキャバクラ』スペシャル。
第2部完結編で、2話を一挙掲載するぞ!


▼▼▼今週の目次 ▼▼▼

【1】我が青春のキャバクラ 第014話●第2 部完結一挙2話掲載スペシャル!デートの約束をしたサキとついに渋谷で待ち合わせ。男ならしっかり読んでおきたい急展開だ!

【2】木村所長インタビュー●来週からは小説を新連載なのだ!『我が青春のキャバクラ』は来週から第3章へ。さらに、木村所長初の小説を、このメルマガで書き下ろし!

【3】我が青春のキャバクラ 第015話●木下和 夫、キャバクラ開眼!
いろいろ通じ合う仲となったサキのおかげで、男はキャバクラの真価を知り、さらなるワンダーランドへと旅立つのだ!

【4】今週のワイド&ニュース●今年の紅白歌合戦で注目した いのは……?独自の視点で気になるニュースをいじりまくり!ツイッターでのつぶやきの参考にもなるぞ。

【5】スペシャルレポート●坂本龍馬、死す。NHK『龍馬伝』が最終回。最近の日本を憂いつつ、いろいろ思うわけなのだ。

http://www.mag2.com/m/0001158675.html

2010年11月28日 (日)

キムラ総研メルマガ、明日配信。新作発表インタビュー掲載。

 キムラ総研メルマガも、いよいよ新しい展開になって来ました。

 我が青春のキャバクラは今回、豪華2本立てで2部終了。翌週から怒涛の3部へ突入です。そして、次週から、さらに新しい小説を発表。これはいったいどういうお話なのか?まるごと説明しながら、担当寄本君にインタビューしてもらった。その触りを公開だ。

○いよいよ、「我が青春のキャバクラ」第3部ということですが
 実は一番書きたいことは、ここなんですよ。起承転結で言えば、「転と結」はここから。「起」の部分は、キャバクラに通いだして主人公がナツミに振り回される。「承」ではサキと出会い、見事キャバ嬢とエッチすることに成功する。

○ほかのコもつまんでますよね
 それは使い方を覚えたっていうか、ほら童貞喪失すると、またやりたくなるでしょ。キャバクラ童貞を失った主人公は、多方面で武器を使いたくなる。けどそこを書いたらキリがないから、あっさりとね。

○では、第3部の展開は
 あんまり言うと面白みが減るが、とにかく平々凡々とキャバクラで、よろしくやってた男が、アイドル並みの可愛いコちゃんに出会う。さあどうするってことだよね。

○もちろん口説き行くんですよね
 実はそこは重要な部分ではないんだ。エッチするかしないかは別として、そのアイドルちゃんと、長い関係になって、その後どんな喜びと試練が待っているかってことだよね。

○じゃ吸い取られるとか
どっち?金か体かって(笑い)。まあいろいろあるから、キャバクラの深みを出せたらなって思ってます。

○続いて、いよいよ待望の青春小説を発表するということですが。
 そうだね、僕は宮城県の石巻高校というとこを出たんですが、その高校時代1976年あたりが、ちょうど高校2年ですか、そこらへんの時代設定です

○その頃を選んだ理由というのは
 ちょうど2年になったばかりのころ。中村雅俊と五十嵐淳子の熱愛が報道されて大騒ぎですよ。リアルな実話ですから。中村雅俊はうちの高校の先輩。トンビが鷹を産んだじゃないが、こんな田舎の高校から、青春スターが出たんだから、その段階ですげえびっくり。しかも五十嵐淳子でしょ。今で言ったら中村雅俊は、福山雅治クラスですからね。それがちょっと前の伊東美咲クラスと熱愛ですよ。小西真奈美以上の話題っていうか、東京がそうなら、地元は大騒ぎでしょ。こうゆうリアルな影響を受けて、俺も東京さ行くか~ってなるわけです。

http://www.mag2.com/m/0001158675.html

興味のある方は是非、一ヶ月無料です。

2010年11月21日 (日)

キムラ総研メルマガ 明日配信です。メニュー紹介

池田勇太優勝で賞金王争いがデッドヒート。
キム・キョンテも魅力的な選手ですね!

メルマガ『キムラ総研』明日配信。
キャバクラ、ゴルフにツイッター。芸能ニュースの面白解釈。
ベテランコラムニストならではの視点でぶちまける
大人のための情報収集メルマガなのだ!


▼▼▼今週の目次 ▼▼▼

【1】我が青春のキャバクラ 第013話●いよいよ サキとデート交渉!
サキとのデート交渉はいい感じで進展。「おもちゃはどうする?」ってどういうこと?

【2】レベル80クラブ●ゴルフ上達法の決定版!キムラ所長が年間平均80台を出せるようになったポイントは?あなたもきっと「80台」は出せるのだ!

【3】今週のワイド&ニュース●田中&里田はともかく、佑 ちゃは?独自の視点で気になるニュースをいじりまくり!ツイッターでのつぶやきの参考にもなるぞ。

【4】所長の「DOKUHAKU」コラム●ゴルフと女は生に限る!民放のゴルフ中継は「生」じゃない。あるがままに打ち、あるがままに放送するべきなのだ!

【5】スペシャルレポート●「sengoku38」の素顔が流出!ビデオ流出がいいか悪いかなんてことより、国民にはもっと気になることがある!

一ケ月無料です。興味のある方は是非。

http://www.mag2.com/m/0001158675.html

2010年11月15日 (月)

キムラ総研メルマガ 本日配信です。メニュー紹介。

石川遼が今季3勝目。賞金王争いも面白くなってきましたね。

メルマガ『キムラ総研』好評配信中。
キャバクラ、ゴルフにツイッター。芸能ニュースの面白解釈。
ベテランコラムニストならではの視点でぶちまける
大人のための情報収集メルマガなのだ!


▼▼▼今週の目次 ▼▼▼

【1】我が青春のキャバクラ 第012話●大人の恋 愛~いろんなものが見えてきたキャバクラ遊びの面白さがわかってきた。あなたは「XOXO」を知ってるか?

【2】レベル80クラブ●非日常を感じさせてくれる「デ ズモンド・ミュアヘッド」ゴルフ場設計者の知識を楽しく学ぶ。今週は、非日常を楽しませてくれる設計者!

【3】今週のワイド&ニュース●松下奈緒から学ぶ「娘を芸能 人にする方法」?独自の視点で気になるニュースをいじりまくり!ツイッターでのつぶやきの参考にもなるぞ。

【4】所長の独白コラム●借金主婦が風俗バイト?ある朝、NHKの朝の番組でこんな話題が……。日本はどうなっちゃうんでしょうねぇ。

【5】スペシャルレポート●三島が割腹自殺した場所を見学で きる!週刊アサヒ芸能連載『やましい探検隊』の取材で、所長が市ヶ谷の防衛省見学へ!


メルマガは一ヶ月無料、興味のあるかたは是非。

http://www.mag2.com/m/0001158675.html

2010年11月 8日 (月)

キムラ総研メルマガ、本日配信です。メニュー公開

パ・リーグ3位のロッテが日本一。おめでとう。

メルマガ『キムラ総研』好評配信中。
キャバクラ、ゴルフにツイッター。芸能ニュースの面白解釈。
ベテランコラムニストならではの視点でぶちまける
大人のための情報収集メルマガなのだ!


▼▼▼今週の目次 ▼▼▼

【1】我が青春のキャバクラ 第010話●いよいよサキと直球勝負の交渉だ!口説きは自分の中のジレンマとの闘いなのか。キャバクラの恋が佳境に迫る!

【2】レベル80クラブ●ピート・ダイとジャック・ニク ラウスゴルフ場設計者の知識を楽しく学ぶ。今週からは外国人設計者について……。

【3】今週のワイド&ニュース●松下奈緒と嵐が紅白の司会 で……。独自の視点で気になるニュースをいじりまくり!ツイッターでのつぶやきの参考にもなるぞ。

【4】所長の独白コラム●村上龍が電子書籍の会社を設立電子書籍の波は書き手の発信方法を変える。出版業界にも頑張ってほしいんだよなあ。

【5】スペシャルレポート●「セクハラサイコロ」の真実!セクハラサイコロ先生について新たなニュース。実は、教育熱心ないい先生だった?


http://www.mag2.com/m/0001158675.html
興味のある方は是非、一ヶ月無料です。

2010年11月 3日 (水)

結局水嶋ヒロの新人文学賞は何だったのか?

 

 巷に流れているニュースを拾い読みすると、一応書いたのは、書いたみたいだ。それを各出版社に見せたが、どこも食いつきが悪い。内容は推して知るべし。そこで水嶋と同じ状況だったポプラ社が、社運を賭けて行っている新人賞に水嶋に5000点とやっちゃったんじゃないかという。

 てことは、本名もどきの素の応募ってのは嘘になる。そりゃそうだよね。それで反響が大きいので、慌てて賞金を辞退したのか。あるいは、すでに出来レースとして、受賞の代わりに賞金はなしよと、なってたかは定かではない。ただポプラ社は、絵本なんか売ってるわりと小さい出版社だ。2000万円はでかい。本の印税に換算すると10万部とも15万部とも言われている。それを先に払う体力あんのかって疑問もある。だいたい文学が、そんなに売れるのかってことも問題だよね。

面白いのは、受賞者の名前が先行して、作品の名前があまり知られてないこと。しかも、出版のメドが立ってないこと。今から手直しという噂もある。せめて生原稿の一部でもいいから、ネットで見せればいいのにと思うのは、意地悪かね。

 1000人以上の応募者中から、素で選ばれるって言うのは、よっぽどのことでしょう。大手の文学賞だって、編集者の推薦みたいなのはしょっちゅうある。別にゲタをはかせるわけではない。最終審査までは2次、3次、最終とくぐり抜けねばならない。単に汚い字程度で、切られてはたまったもんじゃないからね。最終選考は、通常名前のある作家が協議して決める。選考過程はガラス張りだ。だから1次審査で、しっかり読んでよと編集推薦して、あまりひどくなければ、それで2次に行かしてもいい。

 ただ決まった作品は世に出て、評価される。最後はそこだ。みんな2000万円の価値あるか見たくてしょうがない。そう考えると、2000万円の価値はなくとも、案外売れたりして。結果、2000万円の価値はありましたってのがオチか。どこまで出版社と水嶋が計算しているのかなあ。そこらへんが凄く知りたいねえ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ